夏と冬はどちらが痩せるのか?~夏痩せタイプ冬痩せタイプcheck!~

夏は痩せやすい説冬は痩せやすい説
2説存在します。

一般的には、
冬は体内で熱を作らないといけない事から
”代謝の上がる冬のほうが痩せやすい”と考えられています。

しかしながら、実はタイプによって
効果の度合いが変わってくるので、冬が良いとは言いきれません

5278124

ここでは、夏と冬に分けて
それぞれ季節の特徴を述べますが、

同時に”あなたがどちらの季節のタイプなのか?
をチェックできるように書かれています。
あなたは夏派なのか冬派なのか?この機会にチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

夏ダイエットの場合

夏の特徴

夏は大量に汗をかくので
痩せるイメージがありますが、
夏の汗は痩せないと言われています。

なぜなら、夏は上昇した体温を下げるために排出される汗が、
ほとんどが水分であるためです。
また、夏は自然と体温が上昇するため、冬よりも代謝は低くなります。

夏向きのタイプ

しかしながら、
夏は冬に比べ動きやすい特徴がある為、
暑くても動けるタイプの方は夏の方がダイエットには好都合になる。

お得ワザ
通年を通して軽い運動を続けている方は、
夏に入ると自然に痩せる流れを作りやすい。
梅雨の時期から運動を始め夏ダイエットに突入するのが
スムーズに痩せるコツと言える。

また、夏は冬よりむくみが解消しやすくなる。
夏は水分を大量に摂りますが、
その分汗となって流れるため、
老廃物の排出もしやすくなるのです。

塩分はむくみに繋がりやすいのですが、
汗をかくことで外に流れますので
むくんでいて体重が気になる方は、
夏が痩せるチャンスと言えるでしょう!

夏はビタミンやミネラルが不足しがちになりますが、
バランスよく摂取し、体内の塩分濃度に気をつけているとむくみを改善しやすくなります。

!動ける方とむくみ持ちの方は夏ダイエットがおすすめ!

夏の落とし穴

夏はアイスやジュースなどの摂りすぎで、
脂肪がついてしまう可能性が高くなります。
体重だけに限って言えば、夏のほうが(水分の関係で)重量的には減りやすくなりますが、
運動をしないダイエットでは思ったよりも脂肪が落ちてきません。

!アイスクリーム、砂糖系ジュースの好きな方は要注意!

冬のダイエット場合

冬の特徴

近年、冬ダイエットが勧められるのは
冬は体温を上げる必要があり、
自然と代謝が高まるという理由があるからです。

夏の運動はきついですし、
猛暑日の運動は危険となりますが、
冬は継続的に体を温めほぐしていくように
習慣づけていけば慣れますので、
なるべく冬の間に基礎代謝をアップさせ
運動を習慣にしていくことで痩せやすくなります。

!冬は室内のカロリー消費が継続する!

冬の落とし穴

寒い時期は、忘年会や新年会、
クリスマスパーティーやお正月などで
美味しいものをたくさん食べてしまう季節でもあります。

そこで動かなければ逆に脂肪がつき太ってしまいますので、
付き合いが多い方はなかなか難しい時期になります。
冬は寒く、どうしても体の動きが鈍くなり、
そのまま動かずにいる人も多いようです。

ですが、痩せるための大チャンスはここにあり
体温維持のために代謝の上がる季節に、
更に代謝アップをすることが成功するポイントとなります。

軽い運動を冬の間に毎日継続的に行っておくと代謝は更に向上します。
20分から30分程度のウォーキングなどで構いませんので、
積極的に代謝をあげておくと免疫力もあがり風邪もひきにくくなります。

!冬は宴会系の行事が増えるので注意!予定が少ない方が有効!

まとめ

このように、夏と冬を比べると
冬の代謝アップが効果に関与する割合は少なく
一番大切なのは、自分に合う季節を選択する事がポイントになります。

夏派「どうせ汗を掻くのだからついでに痩せてしまおう!」
冬派「夏の運動は汗で皮膚が荒れるから冬を選択する!」
など、得意な季節を選択すれば、成功率は格段に高まります。

私の場合には、花粉症持ちなので
 春花粉の時期は動かない
 ダイエットOK◎
 秋花粉の時期は動かない
 ダイエットOk◎
というように、夏と冬は区別せずにダイエットできる時期に指定しています。

あなたの得意な季節をしっかり把握し、
痩せやすい季節に標準を合わせスタートさせて下さいね。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする