子供よりもジャニーズとテレビが優先の嫁

子供の冬休みは
クリスマスと正月がありましたが

遊びには連れて行っていないので
キッザニア」で色々な体験をさせてあげよう!と計画しました。

キッザニアとは
子供が中心に働く町で
好きな仕事を選び学ぶ施設です。

例えば、消防士、銀行員、警察官
ピザ屋、絵の具屋、お仕事相談センター
シェフ、ラジオ局、パイロット、パン屋
メガネ屋、動物病院、歯医者、裁判所
など約82種の職業があります。

子供の視野を広げるには
色々な事を体験させる事が必要だと思います。

スポンサーリンク

嫁を誘ってみる

サイトをチェックすると
偶然にもまだ”空き”があったので
予約前に念の為、嫁に聞いてみました。

とーる「キッザニア空いてるぞ!行こう!」

すると嫁は・・

嫁「録画した番組が溜まってるから見たい」
だそうだ。。。

普段から主婦をやっていて
「疲れたから休みたい」とか
「自分の時間がほしい」ならわかりますが

我が家の場合は・・・
嫁は家事が出来ないので
毎日8時間以上テレビを見ている状態です。
(炊事も子供の相手もしてくれません)

疲労している訳でもない
時間が無い訳でもない
とにかくテレビ中毒なのだ。

テレビへの意識が常に9割を占めているというのはちょっとおかしい。
現実とテレビが逆転している・・
テレビ中毒はかなり深刻だ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    屑すなあ