完全無欠コーヒーの簡単な作り方と美味しく飲むコツ

MCTオイル無塩バターを利用した
完全無欠コーヒーが去年から流行している。

スポンサーリンク

MCTオイルって何なの?

コーヒーにMCTオイルを混ぜるが
果たしてMCTオイルとは何なのだろうか?

MCTオイルという名前なのだから
通常のサラダ油やごま油とは違う事はわかりますよね。

MCTオイルは、コピー禁止
中鎖脂肪酸油100%の無味無臭の食用油で
エクストラバージンオイルのように、そのまま生で摂取出来るのが特徴。
通常の油は摂取ると必要に応じて分解されるが、
中鎖脂肪酸の場合は、すぐにエネルギー分解されると言われている

油なので当然カロリーは高いが、
油による”エネルギー源”が補給出来るので
食事の替わりに少し摂取し空腹を紛らわす事に使える。

グラスフェッドバターとは?

グラスフェッドバターとは
牧草を使った餌を食べた牛の乳で、香りが高く上品感が漂う。
(日本は穀物を利用して育てる)
無農薬の餌を利用しているので
汚染されないビタミン豊富な牛乳が出来上がる。
かーまとーるのダイエット道場
心配な脂肪分には、不飽和脂肪酸が含まれており
悪玉コレステロールを減らす役割があります。
(反対に善玉コレステロールは守る)
著作権あり
また、体内で作れないオメガ3系脂肪酸も含まれ
血栓と動脈硬化の予防に役立つと言われています。
油なのに血栓を防止するとは不思議ですよね。
オメガ3系脂肪酸・・・
α-リノレン酸 EPA DHAなど
青魚や亜麻仁油、くるみなどに含まれている)

そして、ストレスのかからない放牧タイプのバターは
毒素が少なく(抗酸化成分が豊富)
老化防止に役立つとアメリカのセレブ達が利用しています。

!完全無欠コーヒー体に害のない2種の油をコーヒーに入れる事!

完全無欠コーヒーの作り方

作り方は簡単
1.コーヒーにMCTオイルを
小さじ一杯~二杯入れる。

2.グラスフェッドバターを1片入れる

3.よく混ぜる ※重要

4.完成

よく混ぜる事がポイントで
ミキサーを利用すると、よく混り
脂っこさが減り、まろやかになり効果も増すという

!ミキサーを使うと味が格段に美味しくなる!

摂取のルール

完全無欠コーヒーは
単に飲むだけでなくルールが存在する。

朝食に置き換える事で、
糖質よりも脂肪を燃やすサイクルが生まれると広まっている。

置換えの注意点

朝食に完全無欠コーヒーを摂取すると
単純に朝の栄養分が不足します。

人間は一度に栄養を補給しても吸収力には限度があるので
栄養は小分けに摂取する事が必要になります。
従って、昼夜の食事は栄養を意識する事が不可欠になり
ラーメンだけ、そばだけなどの食事では
長く継続するだけ体重は減っても
内面は健康とは言えません。

!昼夜は栄養バランスを重視する事!

覚醒作用で朝が元気に

朝に摂取する事で
覚醒作用でダルさを緩和し、
仕事の能率アップも期待出来る。

通常のコーヒーは、頭&胃腸を刺激し
覚醒だけでなく食欲が増してしまうが、

完全無欠コーヒーの場合は、
オイルとバターの脂肪分で胃を満足させる
ただ、コーヒーが好きな方には好まれない方法で
風味を失うなど味にうるさい方には向かない方法と言える。

脂肪分は腹持ちが期待出来るので
雑味のないMCTオイルと無塩のヘルシーバターを使用する事で
違和感を極力減らしたコーヒーになる。

MCTオイル

無塩バター

スポンサーリンク

シェアする

フォローする