【チャンピオン】絶対教えたくない池袋の焼肉屋【シャトーブリアン】

池袋西口、東武百貨店14階には
とても美味しい焼肉屋がある。

出来た当初は”穴場”であったが、
残念な事にテレビで紹介されてお客さんが増えてしまった。。

ここでは実際に食べた感想と写真を交え、
焼肉チャンピオンの魅力をたっぷり伝えようと思います。

スポンサーリンク

ディナーメニューがすごい!

前回はランチレポでしたが、
今回はディナーメニューのレポートです。

チャンピオンは、
焼肉屋の部類では高級に位置するので
ランチは行けてもなかなかディナータイムには手が届かないお店です。

今回は特別に自分の誕生日という事で
自力誕生日を開催してきました。(子供と二人)

チャンピオンの凄い所は
名前だけやスタッフの態度でお金を取るのではなく
単純に美味しいお肉が食べれる事です。

雰囲気だけではない
本物の和牛を食べれるので
リピーターが続出します。

スタッフ

スタッフの年齢層は若く
変にかしこまっていないのが良いところ。
ファミレスにいるかのような気楽さながら
綺麗な店内で食べる事が出来るので
私のような庶民は安心感を感じます。

テーブルチャージやお通しはありません。

メニュー紹介

この日は特別に、
霜降りの少ない部類から~多い部類へと
一通り頼んでみました。

タン

まずはタンです。

タン(並)1728円
タンだけは和牛ではありませんが
一人前が多く、良心的です。

このお店はお肉のタイプによって
切り方を変えてくれるのが優しいところです。

たとえば、
脂がのった柔らかい部分→厚切り
赤身が多い部分→薄切り
というように臨機応変な対応をしてくれます。

ロース


ロース1404円
(ブレてすいません!)
チャンピオンのロースには3段階ありますが、
この霜降り状態の肉で一番下のランクです。

形が整っていなかったり
少しスジっぽいところはあるものの
私にとっては特上ロースでした。
「和牛のロースはこんなにも脂が乗っているのか!」と驚く事でしょう。

ランプ&しんしん


左:ランプ 1728円
右:しんしん 1728円

牛肉の中では”赤身”に属される部位ですが、
和牛なので十分なサシ(霜降り)があるのを確認できます。
ランプはお尻の部分で赤身感を感じとてもヘルシーな食感。
ダイエット中の方はこちらがおすすめ。

それに対して、しんしん
何も言わなければ”特上カルビ”と言っても
気がつかないくらいの霜降りです。

実際の味はカルビと違いますが、
カルビとはまた違う旨味があり
部位によっての味の違いをしっかり感じる事ができます。

シャトーブリアンが美味しすぎる


シャトーブリアン 5184円

生まれてはじめてシャトーブリアンを食べました。

ヒレに近い部分ですが、
ヒレに旨味を足した感じと言えば伝わりやすいでしょうか?


1切れ1000円を越える肉ですから
味わって食べなければいけません。。。

シャトーブリアンの食べ方は
タレでも良いですが、
良い肉ほどタレをつけると
”肉本来の旨味”が消されてしまうので塩が合います。

私はタレ派でしたが、
実際良い肉を塩で食べると
今までの考えが覆されます・・・。

チャンピオンの塩には特徴があり、
付属のトリュフ塩をつけてたべます。

トリュフ塩は香ばしく非常に美味しく
小学生の子供は飛び上がるほど喜び
3切れ食べられてしまいました(^^;)

ミスジ


ミスジ 3024円
味が良く、霜降りの安定さではミスジです。

チャンピオンさんは1人前のグラムが多いので嬉しい。

キムチ盛り ナムル盛り

キムチ盛り 842円
ナムル盛り 1080円

その他メニュー

また、スープ系では
ユッケジャンスープ(クッパあり)
テールスープ(クッパあり)
とても美味しくおすすめです。

個人的にはテールラーメン(1404円)がお気に入りです。

とても美味しすぎるチャンピオン。
今度はいつ行ける事やら・・

チャンピオンのランチレポはこちら



スポンサーリンク

シェアする

フォローする