痩せたけどお腹の脂肪が柔らかくプニプニしている状態は?【ダイエット質問回答】

Q お腹の脂肪がプニプニしています。

先生の指導の下がんばっていますが
最近、私のお腹周りが変なんです。

今より皮下脂肪が付いていた頃は、
歩っただけでは贅肉が揺れなかったのに、
今はすごい揺れで、すごくぷよぷよしていて、
ちょっと指でお腹を押しただけでも、
波紋のように波打つんです。

それに摘むとビヨ~ンと伸びて柔らかいんです。
毎日、汗びっしょりになって運動をして、
夜は腹筋を100回やっているのに、
以前より柔らかくなって、
締まりが無くなったように感じます。

でも、お腹周りをギュッギュッと
押すと内側が固い感じがします。
このまま続けて行ってもいいのでしょうか?

はたまたこれは皮膚が伸びてしまった失敗例なのでしょうか?
何か良いアドバイスをいただけたらと思います。

スポンサーリンク

A 回答

皮下脂肪とは、
小さな脂肪細胞が集まって出来ています。

ダイエットをすると、
その一つ一つの細胞に含まれる脂肪が減少し
→柔らかくなり→最後には無くなったように見えて
いわゆる”絞れた”状態になるのです。

これは途中段階のプヨプヨとして状態と考えられます。

!プヨプヨは成功前の途中段階!

逆に太る場合には

ぶよぶよ

三段腹

(脂肪細胞が膨らみ)パンパン

一段腹
という過程になります。

満足せず完成まで継続しよう!

そして、この際の皮膚の引き締めには
”たんぱく質”が必要不可欠なので
”たんぱく質”を食べる事を私は推奨しています。

そして、続けていくと気になるプヨプヨも
段々と減少する事になります。
途中経過はプヨプヨしているので
かっこ悪い(失敗)と思いがちですが、
実際は成功中なので悩むこともなく反対に喜ばしい事なのです。

皮膚伸びについて

以前の間違えたダイエット生活にて
皮膚が伸びていることもありますが、

正しいダイエットをすれば皮膚が伸びる
ということはありませんのでご安心下さい。
(内部の腹筋は十分に刺激できているので、硬くなっていると思われます。)

現在のダイエット生活を続けて問題ありません。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする