虹の下水道博物館 工事体験ができるぞ!【都内の無料博物館】

有明にある虹の下水道館
1日300人程度しかお客さんが来ない
穴場の博物館。

ゆりかもめお台場海浜公園駅から
徒歩12分ほど距離はあるが
無料でありながら、

約1時間おきに開催される
小学生向けの”下水道工事体験”
とても貴重な経験を積む事ができる。

お台場海浜公園駅から降りて
お台場と反対の有明側を見れば
丸い屋根の虹の下水道館が見える。

駅からは真っ直ぐ歩くだけで良いので
道に迷うこともない。

虹の下水道館は
建物の5階に存在する。

5階に到着すると
優しいお姉さんが
パンフをくれたり、小学生には
下水道局職員体験”の誘いもしてくれる。

博物館自体はとても規模が狭いので
行った際は”工事体験”は是非参加すべきだろう。

スポンサーリンク

虹の下水道館の様子

虹の下水道館に入ると
まずは大きな水道管の模型が現れる。

水道管内は自分が映り、
地上から水が漏れてくる映像などで
楽しませてくれる。

地下の水道管を見よう!

普段は見る事のできない
下水道を”床を透明”にする事により
水の流れを知る事ができる。

捨てられた水はどこに行くのか?
小学生にはとても勉強になるだろう。

家の中だけでなく、
普段は見る事のできない
の下水管も見る事ができる。

マンホールが丸い理由

その他には、ミニシアターや
勉強になる豆知識など展示されている。


ここでは、マンホールが丸い理由などが解説されている。

実際に四角と三角は穴に落ちてしまう
という事を模型を使って確認できる。
これなら小学生も納得だ。

外にはミニ公園

虹の下水道館の目の前には
幼稚園前後の子供に最適な遊具が置かれている。
開放感のある広い空間は都内にいる事を忘れさせてくれる。

アクセス

東京都虹の下水道館
所在地 〒135-0063
東京都江東区有明二丁目3番5号
有明水再生センター5階

電話番号 03-5564-2458
開館時間 午前9時30分~午後4時30分
(入館は4時まで)

休館日 月曜日、年末年始
※月曜日が休日の場合は開館し翌日が休館。
※夏休み期間は無休。
※下水道の日(9月10日)
都民の日(10月1日)は開館。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする