【毒】危険な毛虫の被害者達【チャドクガ】痛い痒い蕁麻疹の対処法

普通の蚊と違う痒み・・少し痛い。。
もしかしたらそれは
チャドクガの仕業かもしれません。

チャドクガ(毛虫)の毛が、
人間の皮膚に付着すると、
痒みの強い”皮膚炎になる可能性がある。

スポンサーリンク

チャドクガとは?

チャドクガとは蛾の幼虫。
生まれた頃から毒針を持っている。
(!手で触れてはいけない!)
抜け殻も触ってはいけない。


ゴールデンウイークが過ぎた頃から孵化し増殖する。
主に山茶花(さざんか)ツバキの付近で発生。
その他、桜、梅、薔薇など固い葉っぱを好む傾向がある。

公園に行かなければいいの?

チャドクガの毛は軽く風に乗る為、
・洗濯物に付着
・プールサイドのタオルに付着
・死んだチャドクガの毛でも症状が出る
・虫除けスプレーをしても意味がない
など、感染経路は多く
公園に行かなくても発症する場合がある。

症状


・刺されて2~3時間後に発症
・毛に触れるだけで半日程度で発症する可能性
・薄い服は生地を通して症状が出る可能性
・痛痒い
・赤く腫れる
・熱が出る場合もある。
・ごく一部にチャドクガが平気な人も存在する
※一番怖いのは、この影響で
ちょっとした毛などでも敏感になり
蕁麻疹癖がついてしまう事。


掻くと、刺されていない部分にも
影響が出てしまうため、被害が拡大する。

対処法

皮膚科に行くのはもちろんだが、
自分でできる対処法としては
セロテープや粘着力のあるもので
皮膚に刺さった針を抜く事。
その後は、シャワーで毒を洗い流す。

自宅の庭にチャドクガが
住み着いているならば、
近所迷惑にならないよう、
速やかに退治をしよう!

ためになる経験者の声

チャドクガの幼虫に2度刺されてます。
キンカン1本使っても追いつかない痒さだ。

先に殺虫剤をかけたのが第一の敗因
死んで上からポタポタ落ちてくることを想定していなかった。
完全防備だったけど首筋と手首を刺された。

触れないよう葉ごと切り取って処分する事。
ふ化したあとの卵塊に触れてもかぶれるので注意。

チャドクガの毒針毛は
主にたんぱく質でできているので、
熱処理すると効果ありとか
お風呂の温度はいいのかも 
庭処理した後はシャワー直行だね
服も50℃以上で洗うといいらしい。

今年はチャドクガの当たり年のようです。
庭、生垣、公園のツバキやチャノキには要注意!
近寄らないのがBest。万が一、刺されてしまったら直ぐに病院へ。
着ていた服は隔離して下さい。
毒針が残っており、洗濯などしたら他の服に移ります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする