ビタミンB12(コバラミン) 栄養と含まれる食品

ビタミンB12とは?

ビタミンの中で最後に発見されたビタミン。
構造が極めて複雑であり、綺麗な赤色をしているのが特徴である。
別名、赤いビタミンと言われる。
知能、運動神経の発達に。

ビタミンB12の特徴、作用

●葉酸と協力して、赤血球の生成
●神経細胞の修復
●精神を安定させて記憶力、集中力を高める。
●成長を促進し、子供の食欲を増進させる。
●悪性貧血の予防
●時差ぼけ解消に役立つ(体内リズム調節)

ビタミンB12不足症状

●だるさ、めまい、動悸息切れ
●手足のしびれ
●うつ傾向になる
●悪性貧血
●食欲不振、消化不良
●イライラ

ビタミンB12を豊富に含む食品

アサリ、カキ、レバー、チーズ、しじみ、にしん、筋子、卵、サンマ
鮭、たら、牛乳、肉類全般

必要摂取量

成人男女 :2.4ug
妊婦・授乳婦 :+0.4ug



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク