都電荒川線が「東京さくらトラム」に変更 都民ショックを隠せず

東京都交通局は、都電荒川線の愛称を募集し、
厳選した結果「東京さくらトラム」という愛称が決定した。
(募集期間2017年3月17日~4月7日までの間)

これに対し、小池百合子知事は
「愛称を積極的に使用して地域の足として、
観光の足として活躍するようになればいい」と語った。

都電荒川線という言葉が消えるわけではないが、
外国人向けに、アピールするために変更したという理由がある。
完全にオリンピックのためだけに賛否両論だ。

今まで”都電”という名で親しまれていただけに
我々からするととても違和感がある。

早速、東京さくらトラムの始発駅である
早稲田駅を視察してみた。

都営荒川線と書いてあった部分が
カッティングシートで、東京さくらトラムへ変更されていた。

トラムとは?

トラムとは市街電車路面電車の意味で、
確かに名称に”トラム”が入っていれば
観光客には理解しやすいだろう。

スポンサーリンク

トラムに変わったみんなの感想

今でも混んでるのに、
更に外人が押し寄せられても困るんだが・・

全然なじめねぇ。
外人のために名前変えてどーすんだよ。

名前を変えても、この辺りは会場もないしわざわざ来るのかな?
それよりも路線図、印刷物、
すべて変更して金の無駄遣いが始まるな。

いまひっさびさに都電に乗ってるんだけど、
車内の路線図に
「東京さくらトラム(荒川線)」
って書いてあってびっくり。
だっせーー!!!!

東京さくらトラムはそれこそ
サブタイトルでいいような名前なのに、
ゴリ押しで付けようとしてるから批判される。

都電荒川線。誰がなんと言おうと都電荒川線。
さくらトラムなんて知らん。(鉄オタ特有の懐古厨)

電車の中でアナウンス。
「この電車は東京さくらトラム早稲田行きです」
今更感が。都電荒川線でいいじゃないかよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    外人に合わせるってなんだかなあ。
    父ちゃん情けなくて
    お腹から汽車ポッポが出てくらあ。
    オリンピックなんざ反対や。

  2. 匿名さん より:

    最近の都電は観光客向け施策ばかりしていて、どれも中途半端なので、効果がないのは当然だと思います。それよりも日常的な利用者を増やすことを考えなくては、利用者の減少を防ぐ、ひいては路線の維持も難しくなっていくでしょう。東京都交通局の方々には、目先の僅かな見てくれの変化ではなく、地元密着・固定客重視の、長期的視点に立った運営をしていただきたいと思います。観光(一時)利用客ではなく、定期利用客を重視することで経営を改善した鉄道の好例として、ひたちなか海浜鉄道の施策も参考にしていただきたいところです。