Q 痩せた事がない方のイメージトレーニング法(ダイエット)

Q ダイエット中のイメージトレーニングを教えて欲しい

●痩せて幸せなイメージ
VS
●暴食は楽しい&その時は楽しい

暴食ってウキウキして(買ってるときとか)楽しいんですよね。
一方痩せて幸せなイメージは
「この華奢な服が可愛く着られたら嬉しいだろうなあ」
とは思っても、具体的じゃないんです。
夢の中の想像というか。

大人になってから太ってしまった人などは、
スリム時の写真などみてよし!と
奮起できるのかもしれませんが、
私は物心ついたころからずっと太くて、
鏡を見ながら「この足が段々細くなって・・」
とイメージしようと思っても太い足しか思い浮かびませんでした。

痩せたイメージだけでなくダイエット過程のイメージも大事
というとーるさんの言葉で
私は過程を考えてなかったなぁと気づきました。

部屋にスリムな女性の写真など並べてイメトレに
励んでいますがあまりに違いすぎて・・(笑)
とーるさんはどのような方法で、
過程をイメージしたんでしょうか?

A

私も元々ぽっちゃり系でしたので
はじめのダイエットの時には全くイメージできませんでしたね。
例えば、痩せれば誰でも腹筋が見えてくることも知らなければ
・痩せると鼻が思ったより高く見える!
・痩せると動きが軽いのでドンドン動けて更に痩せる!
・痩せると常にだるい状態がない!
・自分に鎖骨があった!
など、このような事は後から知ることになりました。

痩せた事が無い場合は
無理に成功のイメージをするよりも
その日の変化を敏感に感じ取ることが必要です。

スポンサーリンク

途中経過を感じる

途中経過のイメージとしては、
●今の自分をまずシッカリ知る事が大切です。
今はどこにどれくらい脂肪が付いているのか?
サイズはいくつなのか?
把握する事が大切です。

また、それにより
●小さい変化を知る事ができます。
なぜなら体重が減らなくても、体型がひそかに
変化している場合があるからです。
このような変化があれば
私は変わっているんだ!(やる気UP!)と感じる事ができますね。

運動中の場合は
●動かしている部分を意識する事
も良いでしょう!
腹筋の時には絞れたあこがれの腹筋をイメージし
腹筋により刺激を与えます。

食事の場合には、
●お腹が空いている時には脂肪が燃えている
という意識も良いですね。
体の中で脂肪細胞が縮小しているイメージも
ダイエットをやる気にさせます。

このような意識を強く持つと疲れますから
頭の片隅でも構いません、
その都度、軽く頭に描くだけで良いのです。
(何回か意識すると、数回目からは無意識に
”イメージ”が沸いてくる場合が多い。)

”自分は変わっている”
”毎日少しづつ成長している”

こんな前向きな考えが出るようになりたいですね♪



スポンサーリンク

シェアする

フォローする