アートアクアリウムが大混雑!60~180分待ちに注意2019

アートアクアリウムは毎年行われるようになった。
毎年お客さんが数多く駆けつけ、
儲かってやめられない真夏のイベント。

東京は、今回も同じ場所で行われています。
(コレド室町1日本橋三井ホール)
京都は元離宮二条城にて開催
2016年の模様はこちら

期間と料金

2019年は
7月5日(金)~9月23日(月・祝)

各種チケットが販売されていますが、
基本的な価格は、大人1000円子供600円
値上げは無く、お手ごろ価格で見る事ができます。

平均滞在時間と2019対策

近年は、同じ水槽を使う事が多く、
2016から似た作りが多い印象です。
5割は同じでしょうか、2016年の屏風
シャンパンタワーが凄かっただけに
2017年は少し寂しく感じました。

規模的には正方形の小さい体育館に
展示物がある感じなので
多くの方は30分程度で見終わる事が多いようです。

お土産売り場が広まっているのを感じました。
去年に比べてグッズが格段に増えていますね。

スポンサーリンク

大混雑に注意!

夏休みの土日の昼間になると、地下
1~3時間待ちになる場合があるので注意が必要です。

今回は土曜日に訪れましたが、
混雑を避けるように夕方17:00頃に向かいましたが
それでも20分待ちという状況でした。


並ぶと、順に整理券(ご案内カード)を渡されるので
これで晴れて4階へ向かうことができます!

!整理券という名前ではないので複雑

三井カードの勧誘がしつこいので注意

入口となる4階は狭いので
混雑時の入場の流れは、いきなり4階に向かうのではなく
まずは、地下の待機所で待たねばなりません。

この際、注意しなくてはならないのは
うっかりアクアリウムのチラシを持っている人に
「並び場所はどこですか?」と聞いてしまうと

勧誘スタッフ「ここでカードを作れば待たずに入れます」
と、三井キャッシングカードに勧誘されます。

!勧誘スタッフに注意しよう!

こちらは並び場所を聞いているのに
並び場所を教えず勧誘に徹する姿に怒りを覚えました。
この勧誘には注意し、無視をして地下から外に出て
並び場を探しましょう!

中は満員御礼!

中に入ると狭い空間に、
お客さんがびっしりです。


しかしながら、ギリギリの人数制限をかけているので
転倒やパニックにならない程度の混みで止めているのがわかります。

金魚にとっては、様々に変化する色は迷惑と思いますが、
人間にとっては花火のように美しいですね。
一色でとどまらず、色が変化するのはすばらしい!

龍宮四季絵巻

今回のテーマは竜宮城で、
出口付近のシアターでは
映像と金魚をコラボした
竜宮城の演出を見ることが出来ます。

ここは5分の入れ替え制なので
確実に座席に座りたい方は、
座席の横で待機し→入れ替えを待つと良いでしょう!

出口には、物語に沿って
玉手箱が置いてあります。
とても美しい演出です!

まとめ

日本橋、三越前付近で
通勤帰りにも寄りやす場所。
そして、若い子にもわかりやすい色の演出で
SNS映えもする事から、若い~年配まで幅広く人気です。

わかっていても毎年覗いてしまうアートアクアリウム。
気楽にサクッと見れるので便利です!

展示会情報アクセス

東京・日本橋
7月5日(金)~9月23日(月・祝)
11:00~23:30(最終入場:23:00)
会場|日本橋三井ホール
東京都中央区日本橋室町2-2-1
コレド室町1 エントランス4F

熊本・熊本城ホール 開催決定!
11月2日(土)~2020年1月13日(月・祝)
月~木曜日 11:00-20:00(最終入場 19:30)
金曜日 11:00-22:00(最終入場 21:30)
土曜日 10:00-22:00(最終入場 21:30)
日曜・祝日 10:00-20:00(最終入場 19:30)
最終日1月13日(月・祝)のみ、10:00-17:00(最終入場 16:30)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。