生理後は痩せやすい?好きな物を食べて良い説は本当か?

生理後の痩せやすい期間について

Q 生理の後は痩せやすいと
聞く事がありますが本当ですか?

「痩せ日」や「痩せ期」
なんてものはあるのでしょうか?

生理の時には個人差があり、
何の変化もない方
(体重も食欲も変わらないタイプ)、
食欲が増える、体重が増える方など様々です。

よくある例として、
「お腹が出る」
「体重が増える」場合があります。
しかし、これは脂肪が増えたのではなく、
体内に水がたまりやすくなる為に、少々体重が増えたのです。
(生理後は排出されるので問題が無い)
以上の事があるために、生理時には
「痩せにくい」「太った」と感じる場合があるのです。

スポンサーリンク

生理後は痩せ日は本当?

生理後が「痩せ日」と言われる理由は・・・
・水分が出て痩せた感覚になる!
(むくみが取れる)
・体力的、精神的にも元気になる!
以上の事がある為、
”生理後が痩せやすい”と言われるのです。

従って、正しくダイエットを進めているならば、
生理時の体重増は全く気にする事はありません。

生理時の体重変化に一喜一憂する必要はない

生理中のダイエット

Q 生理中も普段と変わらないダイエットを
継続して良いのでしょうか?
生理中の心構えはどうすれば良いですか?

生理中の体調は個人差がありますが、
体調が悪くない場合は、
普段通りの生活を続けて構いません。

積極的休養

生理時に辛いタイプは、
運動を休む勇気も必要です。
無理に頑張る必要はありません。
(その間、食事管理をしていれば台無しになる事はありません。)
これはサボりではなく、積極的休養と考えてください。

!辛い時期の運動はダイエットが嫌いになってしまう危険性がある!

生理時の心構えとして、
通常の日は痩せる
生理時は維持に徹する
このような考え方を持つと焦らず出来ると思います。
(4日間程度は運動を休むなど決めておいても良いでしょう)

何でも食べて良い説

Q 生理時には多くを食べたり、
甘い物を食べて良いと聞きました。

そのような事はありません。
特別多く食べてダイエットに良いことは無いので
出来れば通常通り食べたいですね。

しかし、生理時や後にはストレス発散として
たくさん食べたい場合があります。
多く食べたり甘い物は食べるのは生理後1日限定!など
”自分限定のキマリを作る”のも良いでしょう。

!問題は、生理後にいつまでも<息抜き>を続ける事です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする