【腹筋】簡単なのに効果が高い腹筋方法

腹筋が苦手な方もOK!
初心者~上級者も使う腹筋方法

腹筋10回x2セットなどの、
このセットとは何でしょうか?

セットとは、10回を一区切りとしたならば、
この10回の事になります。
従って、3セットならば、計30回という事になります。

そして、セット間は30秒から~1分程度
休憩する事になります。

腹筋が1回しか出来ないのですが。。。

焦る事はありません。
はじめは出来ないのが当然です。
段々と続けると体は強化され出来るようになります。

極端な話、出来ない場合は→1回x3セットでも構いません。
段々と慣れるので心配ありません。

初心者腹筋という名ですが、
上級者も利用する腹筋の基本的な運動です。
(私は常に以下の腹筋を基本にしています)
お好きな方を挑戦してください。

※始めは1、2回しかできなくても大丈夫!段々と慣れて成長します※

スポンサーリンク

1.膝を触る腹筋

20140716uhpf1

【解説】
太ももに手を置き、起き上がりながら
自分の膝を触るまで”体を上げる腹筋。
上げる時よりも下げる時が大切!
ゆっくり下げて刺激しましょう!

!下げた時に頭を床に付けず、腹筋への刺激を保つ!

2.上を見ながらの腹筋

20140716uhp2

【解説】
自分の指で腹筋を触り、
筋肉(腹筋)を意識しながら、
体を巻き上げる感覚ではなく、
天井にアゴを向ける要領で上げるのがポイント!

この場合も上げる時よりも下げる際にゆっくり下げる。
下げた際に、背中が床に着かないようにすると効果が高い。

体重が100キロほどある場合には通常の腹筋は出来ませんから、
まずはこのような腹筋から始めましょう!

!腹筋は回数ではない!
まずは腹筋を意識する事から始めましょう。

3.下腹部腹筋

以上までは腹筋全体の基本形ですが、
下腹部が気になる場合には、
下腹部の運動を追加してください。

下腹部の場合は、足上げや、V字バランスのような種目もありますが、
簡単な以下の方法がおススメです。

20140716ashiage001
足を閉じたままのパターン

20140716ashiage002
足を広げるパターン
どちらでも可。

【解説】
手はお尻の下に入れると楽に出来ます。
(※腰の弱い方は手を入れましょう!)
スピードよりも刺激が大切ですから、
ユックリ上げ下げして下さい。
(※足を床につけないようにすると効果大)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする