【丸京】評価が良いのは本当なのか?宿泊した結果!鬼怒川温泉1泊2食11000円(その1)

前回はホテル三日月を楽しみましたが、
今回は丸京さんで予約をしました。

丸京さんのクチコミ評価を見ると
454人の総合採点が、5点満点中
4.48の高評価なのでとても気になりました。
かなりの人気のようです。

この良さは何なのか?
とっても気になります!

チェックイン時間は
15:00~17:00を選択

立地条件は抜群で、鬼怒川温泉駅から
徒歩2.3分の距離と、とても便利です。
迷うことなく、すぐに見つける事ができました。

パッと見ると、特に新しい訳でもなく
どちらかというと地味に存在しています。

チェックイン

ホテルに入ると
すぐに可愛い方が出迎えてくれて
説明をしてくれました。

予約サイトや公式サイトなどには
食事の開始時間が書かれていませんでしたが

夕食は→18:00固定
朝食は→7:30又は8:00
が基本のようです。

ホテルとしてはコンパクトな部類なので
最大18組を扱うには、食事時間を
同じ時間帯にしたいのでは?と想像できます。

私は何時でも構わないので
夕飯は18:00
朝食は7:30と従いました♪

始めに説明してくれるので非常にわかりやすいです。

ちなみに、入浴可能時間は、
15:00~0:30までと、
5:00~9:00までになります。

スポンサーリンク

今回の激安プラン

今回、私達(3名)の申し込んだプランは
最安値の、エコプランというもので

1.部屋はおまかせ。
2.布団は自分で敷く。
3.チェックイン時に温度調節は無し(自分で調節する)。
4.夕食、朝食付き
というプランで、一人あたり
11000円のお得なコースでした。

2食付いて11000円で十分にありがたいので
あとは何でも良い!何があっても我慢する気持ちで伺いました♪

落ち着く癒し系ホテル

訪れてスグに感じたのが優しさです。
まるで実家に戻ったかのような暖かさを感じました。
個人営業かと思われるホテルは実に暖かい!

受付の優しいお姉さんからの
おばあちゃんへの部屋案内のバトンタッチ♪

部屋に入るまでに
早くも落ち着いてしまうほどの安心感!
既に”当り”を感じさせる雰囲気です。

一番低ランクの部屋でも広い

丸京には洋室もありますが、今回は和室。
子供がいるので転落の心配が無い和室は理想的です。

一番安い部屋とはいえ
6畳の部屋がx2つに、窓際に2畳、
玄関トイレに3畳程度使われているので
合計17畳程度の広さがあります。
我々3人には十分過ぎる広さです。

また、家族の場合は、
鍵を必ず2つ渡してくれるそうで
これは嬉しいですね。

そして、部屋に入ると、
エコプランなのでエアコンの調節は無しのはずが
しっかりとエアコンが調節されていました。
(優しい・・・

エアコンは部屋に2つ付いているので
家族で寒がり暑がりがいる場合の使い分けが出来て便利です。

まずはアルカリ温泉へ突入!

夕食まで時間があったので
まずは、温泉に入る事にしました。
温泉が大好きなのでワクワクします!

風呂は調べた通り狭いのは承知でしたが
ここでも気配りを感じました。

1.まず、脱衣所でスリッパを間違えられないように
自分の物と主張するためのクリップが用意されています♪

2.そして、通常のホテルでは、
洗顔や化粧水が無いのが当たり前ですが
ここでは複数置いてあり申し訳ないくらい並べてあります。
美白クリームやトリートメントまである!

お風呂マットは、布だけでなく
抗菌の土マットも3枚置いてあり、いたれりつくせり♪

洗い場は6個と少ないですが、
お客さんの収容人数が少ないので
満員になりにくいので十分な数。

子供の多い三日月とは正反対で、
大人ならではの静かさがあり
貸切り状態で落ち着く事ができました。

温度は43度程度と熱めながらも
泉質が抜群で、肌がスベスベになる効能があり!

子供と嫁も本物の温泉には大喜びで
温泉の良さを理解してくれました。

小さいホテルの方が良い事もある

大きなホテルは(お客が多く)客が客に疲れる事がありますが
丸京のような少ないお客をしっかりサポートしてくれる
経営者が目の届く小規模のホテルは個人的に大好きです。

温泉で十分に満足状態ですが
丸京の目玉は”食事”のようなので
期待感が高まります!

鬼怒川温泉 旅の宿 丸京空室状況を見る。

夕食がやばい!
食いしん坊が歓喜の内容!

ほとんどのお客さんは1階
「ごはん処七日(なのか)」で食べる事になります。


他のお客さんと目が合いにくいように
さりげない仕切りがとっても優しい♪

夕食のご紹介

夕食の内容は、一週間を食べるという内容の
「○響膳」(まるきょうぜん?)が豪華で凄い!

見てください・・
凄い。。

2食付き11000円でこれでいいのですか?
綺麗ボリューム満点なんですけど・・汗

銀色の鍋は、野菜を中心としたスープで
個人的には一番美味しく感じました。

炭を練り込んだすいとんは実に懐かしい!
すいとんは30年ぶりです。癒されます。
おばあちゃんに作ってもらったすいとんを思い出します。

一方の赤い鍋には
豚肉、大根おろし、もやし、にらの蒸し物で
ポン酢やゴマダレをかけます。

食事全体に言える事ですが、
揚げ物などの重い物が無いので
満腹に食べても気持ち悪さや罪悪感がありません。

追加の品
霧降高原の牛ステーキ2000円


当日は出来ませんが、
前日までに”追加注文”の予約が出来ます。

今回は、ルールを知らなかったので
当日にステーキが追加できるのか?聞いた所、
できるということで、急遽用意してくれました。
(ありがとうございます!)

!追加注文やグレードアップは前日までに!

デザートもあるらしい。

とにかくすばらしいのが、スタッフの気遣い
「そこまでしなくて大丈夫ですよ♪」
と思うくらい気を使ってくれます。

食事中は、少しお茶が減れば継ぎ足しにきますし
鍋への火入れなど、全てにおいてスムーズ。
小規模ならではの特徴を生かし、
全員をしっかり見てくれます。
こんなに安く泊まっているのに、
逆に申し訳ない気持ちが出てきます^^

来てから帰るまで、こんなにされたら
評価が高いに決まってるではないか♪
と、既に★5つ状態。

そして、夕食を食べ終わると・・
スタッフ「デザートをお持ちしてよいですか?」

え?
何だって?

デザートも付くの??

ちょっと丸京は思った以上に凄いかもしれない・・・

デザートや朝食はこちら(その2)へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする