【93キロからのダイエット399日目】Q 甘いものを食べる時の心構えは?

Q 甘いものを食べる時の心構え

多くの人がそうだと思いますが、
私は甘い物が大好きです。
ダイエットに甘い物はご法度というのは存じ上げていますが、
上手に摂取する方法はありますかでしょうか?

A

おいしい高カロリーな物を食べると、
幸せを感じたりストレス解消になりますが
直後は「後悔」が生まれるので気分が悪いですよね。

中でも、チョコや洋菓子などの砂糖を使った物は
アルコールやコカインの作用と同じように
脳内からドーパミンやセロトニンの分泌を促します。

!砂糖は中毒になる!

従って、砂糖を完全に絶つと
数日間は”禁断症状”がでるので
ダイエットにおいて完全に砂糖を抜ける人は数少ないのです。
耐え抜くと、ダルさが抜け体から元気が湧いてくる!

しかし、
私自身も、砂糖を完全に抜いたのは
90キロから65キロまで絞った時のみ
経験上砂糖抜きダイエットをするのは
なかなか難しいと感じました。

砂糖抜きが出来た時は
アルバイトをしていた時代で
自由に時間もありストレスもない若い頃でした。

反対に、家庭を持ち
仕事、子育て、家事をやるようになると
なかなか砂糖抜きというストイックな生活が難しくなりました。
(ストレスが溜まってしまう)

昭和の甘い物の常識

「砂糖はエネルギー源」だから
ドンドン食べよう的な考えは昔の話です。

食べた直後は元気が出ますが、
しばらくすると血糖値が急激に下がり
眠くなったりダルくなる症状が現れます。

エネルギーは食事から摂れているので
余計な砂糖は体の動きを鈍らせてしまう。

対策

チョコやケーキなどの対策は2通り

1.完全に絶ってしまう。

2.甘い物を食べる時は(カロリーが高いので)食事の代わりにする。

以上が理想です。

スポンサーリンク

1回目の食事

6:40
パンプキンケーキ1

本日の運動

7:20

マグネットバイク60分

8:20

2回目の食事

15:00
つけ麺博参戦!

500円均一のつけ麺感謝祭!で
ラーメン3杯を食べる(全てハーフサイズ)


3回目の食事

18:30
寿司パック1
自家製麻婆豆腐

4回目の食事

23:00
ポテロングx3

ストレスにより3つ食べる。
3:40~7:00睡眠

現在体重85.6kg

<398日目 400日目>

93キロからのダイエットを発表するよ記事一覧
ダイエット道場に戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする