大つけ麺博 大感謝祭の感想(めんきち 魂麺 志奈そば田なか 音 第一旭 焔)

大つけ麺博 大感謝祭
新宿の大久保公園で行われていました。
(期間は9/28~11/1)

大つけ麺博2017 開催期間
第一陣 2017年9月28日(木)~10月4日(水) 7日間
第二陣 2017年10月5日(木)~10月11日(水) 7日間
第三陣 2017年10月12日(木)~10月18日(水) 7日間
第四陣 2017年10月19日(木)~10月25日(水) 7日間
第五陣 2017年10月26日(木)~11月1日(水) 7日間
※各最終日は、入れ替え作業の為15:00迄なので注意

期間内に全国から36店舗が集結するので
普段は遠くて行けない方も食べるチャンスがあります。

しかも、今回は大感謝祭という事で
一杯の値段が500円均一という嬉しい設定!

ハーフサイズではありますが、
少ないからこそのハシゴが出来るので
ラーメンマニアには嬉しい設定ですね!

期間中に出店する36店舗一覧

第2陣を視察

期間中は1~5陣に別れていて、
9組づつ(9x4陣=36店)出店するシステムです。

今回は第2陣を見てきました。

■第二陣の出店は以下の9店■
らぁめんめんきち(北海道)
魂麺(千葉)
志奈そば田なか(東京池袋)
田代こうじ最強軍団(全国)
BASSOドリルマン(東京池袋)
本家第一旭(京都)
手打ち焔(栃木)
麺屋音(東京北千住)
麺匠たか松(京都)

この中の6店舗で食べてみました。

大盛況 休日の混雑状況

今回は日曜日でありながらも
中途半端な15:00過ぎの訪問でしたが
多くのお客さんがいました。

ラーメンを食べるまでの流れとしては、

食券を自動販売機で購入

ラーメン屋さんに渡す

受け取る

好きな座席で食べる
という流れです。

今回は、500円均一と言う事もあり
食券機の並びがスムーズに感じました。

スポンサーリンク

らぁめんめんきち(北海道)

まずは一軒目。
めんきちを食べる予定がある方は
一番はじめに食べると良いでしょう。

繊細な塩ラーメンなだけに、
他の濃厚スープを飲んだ後では味が分かりにくくなります。

500円でありながら、
しっかりと具もあり量も多い。


スープは優しく、
北海道の水で作ったらもっとおいしくなりそう。

具に麩がありますが、
スープに浸かった麩を食べる事で
スープの美味さが良くわかる。

麺は、北海道で多い黄色い張りのあるタイプで特徴を出している。
ラーメンハシゴ一軒目にふさわしい。

魂麺(千葉)


豚骨白湯魚介のラーメン。

ホノビス貝を中心に、千葉の食材を使い
魚介だし&白湯と複雑な挑戦をしているのが特徴!

また麺はプリップリのつるつる
とても美味しく食べ応えがある!
満腹にしたい若者にも嬉しいお店。

近くにあったら、ストレス解消に
ガッツリ食べに行きたくなるお店と言える。

志奈そば田なか(東京池袋)

今回は500円なので具が無いという仕様。
しかしながら、
「ダシを味わうには具が無い方が良い」のかもしれない。

伊勢エビ、ホタテ、サザエからダシを取り
すごい風味がある!
ついついスープを飲んでしまう美味しさ♪

どんな鈍感な人でも
”これは魚介!海の味!”と理解できるくらい
漁港風味が押し寄せてくる♪

本家第一旭(京都)

最近は魚介系を使うのが主流ですが、
第一旭では、昔ながらの豚骨醤油を提供している。
シンプルな醤油に豚が薄っすらと浮いている優しいラーメン。
30年前には多かったこの味は非常に懐かしい!

飲んだ後や、深夜に人気のあるラーメンだろう。
あっさりのスガキヤを思い出す京都ならではのラーメンと言える。

また、麺は豚骨ラーメンよりも少し太めのストレート。
とっても食べやすい印象。

懐かしく癒されるラーメン!

手打ち焔(栃木)

今回唯一の手打ち麺という事で
非常に気になっていたお店。

スープは以前流行した
豚骨魚介を軽くした感じで少し水っぽい。


それは麺が主役だからの調整かもしれないと
思わせるほど、やはり太さの違う麺は食べ応えがある。

麺屋音(東京北千住)

今回一番印象に残ったのはこのお店。


濃厚鶏塩そばは、
国産鶏ガラと野菜をじっくり煮込み
コラーゲンたっぷりの旨味が詰まったスープは正直驚いた。

濃厚なのに飽きるどころか
どんどん飲みたくなる旨さ!

!すごく美味しい!

しかも柚子の切れ端が少し入っているので
最後まで飽きずに食べる事ができる。
これは行列が出来るのは納得である。


麺は、濃厚なスープを吸い過ぎないようにとの配慮かは分からないが、
パスタ風のツルツルストレート麺。

麺の存在を忘れてしまうほどの
グイグイ飲みたくなるスープは印象に残った。

ラーメンの記事一覧

第3陣で8店舗で食べた結果

スポンサーリンク

シェアする

フォローする