Q 朝食を多くするのが難しいのですが?朝重く 昼普通 夜は軽くが良い?

Q 朝食を重くする必要性

昔から朝食を一番多く、朝食>昼食>夕食
にすると良いという事を昔から言われていますが
このような事は本当に必要なのでしょうか?

昔から、朝はパン食なので
ご飯食に切り替えるのは厳しそうです。

A 回答

一昔前は、朝食重要説が主流でしたが
私が何回もダイエットを繰り返した結果、
朝に比重を置くことは理想ではない事がわかりました。
(もちろん個人差はあると思います)

特に現代はパン食が増え、
朝食=パンの家庭が多くなっています。
これをご飯にしておかずを増やしてという変化を与えると
「朝からお腹いっぱいでダルい」という状況が生まれてしまうのです。

ただ、パンが軽いかといえばNOで、
メロンパン1個で400カロリー前後あるので
菓子パン2つを食べるようであれば非常に重い食事となります。

昔の古い考えでは、
”食べて動かないと筋肉が減ってしまう”
と言われていた時代がありましたが、

現在では、空腹の運動をすれば脂肪が燃えやすく
筋肉は気にするほど落ちないと解明されました。

朝から胃が大きくなる

また、朝に多く食べてしまうと、
→その後の昼、夜の食事が増えてしまう
というタイプの方もいます。

また、夕食は家族(夫婦)揃って食べるなどの
夕食は確実に多く食べるタイプ”の家庭の場合は、
出来るだけ、朝と昼を軽くする。という調節も必要です。
(総カロリーを抑えるために朝は少なめで良い)

どんな場合でも朝食を多めにではなく、
個人差があり好みもある事を知りましょう!

また、話はそれますが
朝にパン食にすると砂糖の摂取が増えて
虫歯になりやすいというもあります。

以上のように、私の考えでは
昔のように朝にこだわる必要性は無いと考えています。

スポンサーリンク

朝少なめの食事例

朝少なめタイプの食事例を挙げてみましょう。

1回目の食事(朝食)

7:00
アイスコーヒー(ブラック)
グラノーラ(牛乳は使わず)

2回目の食事(昼食)

11:30
モス野菜バーガー(菜摘)x2

3回目の食事

15:00
ヤクルトミルミル

少し空腹になりヤクルトミルミルを補給。

食間が空き過ぎると、
暴食という反動が起こりやすいために
あえて間食する姿勢もダイエットには必要です。

4回目の食事(夕飯)

18:20
海鮮丼
塩野菜炒め
ナゲット5個

特に、家族揃って食事をする方は
夕飯が重くなる傾向がある。

朝昼と高カロリーを続け、
最後の夕飯も重ければダイエットになりません。
このような状況の場合には、
朝と昼を軽めにするダイエットが有効になります。

朝を重くするだけがダイエットではありません。
臨機応変に現在の生活に合ったカロリー配分を考えましょう!

朝を軽めにする方は増えている

最近は朝食をしっかり取りすぎると、
一日身体が重くなるようになり、
ヨーグルトと果物の朝食スタイルに変えた。
朝食を抜くことでパフォーマンスが低下する
科学的根拠がないと知ったので、
朝起き抜けに慌てて朝食をかきこんで
重くなった体を引きずって職場に走り込む必要がなくなった。
やっぱりじいさんの医者は考え方が古かった。
この前医者にきいたダイエット法。
「朝食重く夕食軽く」
全員に当てはまるわけないだろ。
ダイエットしていると言う奴が、
朝にパン3つとバナナ食べてて
炭水化物だけ食べててワロタwww
痩せている人の動きを参考にしてみた。
働く日は、カフェオレ1杯とバナナ1本だってさ。
身体が軽い方が動きやすいそうだ。
モデル体型の人は食生活から違うな。
もしかしたら朝食をしっかり食べるは良いが
重くするは間違い。少なくても食べる事に意義がある。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする