ダイエットこれだけで十分!!【ストレスからの暴食は悪か?】

スポンサーリンク

ストレスから暴食してしまう

ストレスで苛立ち、
いっぱい食べてしまう事はないか?

イライラしているのに
食べることも抑えられるのは実は苦しい。
我々は上手に暴食と共存しなければならない。

心配するな!
完全に抑える必要はない。

大切なのは、
暴食をしても大丈夫だが
全てのストレスを暴食に向けなければ良いのだ。

例:ストレスが加わった

時には暴食
時にはショッピング
時には運動
時には長電話で解消
時にはスパでのんびり

”暴食だけにこだわらない”
気持ちだけは常に持つ事じゃ!

立ち止まる勇気

怒りのピークは30分しかもたないとも言われる。
何時間も怒り続けられる人を余り見ないものじゃ。

駅などでたまに見かける
ブチキレ君も永遠に怒っているわけではない。
ある程度時間が経てば落ち着く。

怒らない人は
達観しているか鈍感のどちらかであり

怒ることの出来るお主は
敏感””繊細”であり実はすばらしい人間なのだ♪

その特技をダイエットに生かせば、
誰よりも繊細に無駄の無いダイエットが出来よう。

全ての怒りを暴食に充てるな!

★暴食に充てたらストレスに負けたと思え

負けたくないだろ?

★むかつく!余計に食わねぇ!

このくらい燃えよ!

修行じゃ・・

意思が強く無いと痩せられないのか?

成功する人と失敗する人の差は何だ?
意思の強さか?

意志の強さは関係ない。
なぜならワシも意思が弱いし
成功者も意思が弱い方が多い。

そもそも、意思が強い人間というのは
ほとんどいないと考えてよろしい。

成功者と失敗者の差というのは
【知識】と【考え方】。

食事の抑え方一つにも奥がある。

失敗者ならば、
ただカロリーを抑える事に重点を置くだろ?

しかしながら
これでは筋肉も骨も代謝も落ちてしまう。
成功者はもっと踏み込んで
”上手な(健康的な)抑え方”を進めるのだ。

更に、ダイエット中には様々な問題が出てくるじゃろ?
・ダイエット中に1.2キロ増えたら焦る!
・生理中のストレスをどう乗り越えるのか?
・停滞期の乗り越え方が分からない?
・どうやってモチベーションを保つの?
このような問題は重なれば精神的に疲れてしまう。

しかし、【知識】と【考え方】があれば
こんなことは悩むことも無いと分かる。
不安が少ないほど続きやすいのは当然だ。

無意識の常識

人間は”常識”を勝手に作り上げるだろ?

例えば、目玉焼きには何をかける?
醤油?ソース?、はたまたケチャップ派もいるよな。
常識なんかみんな違うのだ。
(ワシは何もかけない)

では、餃子には何をかける?
ワシの場合は酢だけで食べるゾ♪

無理に塩分を取る必要が無いからな。
十分旨いし、ダイエットに繋がる♪♪

一度自分の常識を壊し、
新しく吸収するピュアさが必要じゃぞ♪

修行じゃ・・


この記事は、私のメールマガジン
ダイエットこれだけで十分!!
バックナンバーを掲載しています。
一覧を見る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする