内蔵ハードディスクをゴミ捨て場で拾われた?自力で壊す方法(HDD処分)

燃えないゴミを漁(あさ)る
業者や個人がたくさん存在する。
特に燃えないゴミの日の活動が盛んだ。

例えば、燃えないゴミを前日の夜に出そうものなら
トラックや自転車などでかけつけ、
ごみ袋の中身を見られ、お金になりそうなものを奪う。

以外に多く捨てられているのは携帯で
大きな目的は”売る”事だが、個人情報がガッツリ詰まったものを
無用心に捨ててしまうのは非常に怖い。
(マイクロSDを差したままの方も案外多い)

ゴミを奪われた方の声

ゴミ漁りが趣味の人の声

HDDが捨てにくい

携帯ポータブルCD基盤、などは簡単に破壊する事ができるが
困難を極めるのがPCのハードディスク(HDD)だ。
PCを買い換える度に”ハードディスクだけ捨てられず”増えていく家庭も少なくない。

データが残っている割合が高い

PCを破棄する大きな理由は
「電源が入らなくなった」などの突然の不具合が多く
案外、ハードディスクの中はデータが残っている。

もしこれを燃えないゴミに捨てて
翌朝無くなっていたら、不安で眠れない日々を迎える事になる。

多くは10~300円で取引きされるハードディスクですが、
どうにか悪用されないように壊す事ができないか?
気になるところでしょう!

スポンサーリンク

HDDの処分方法

HDDの処分には、有料の破棄(1000円程度)から
リサイクルボックス等などの方法がありますが、
店舗を探したり信頼できるのか?など
なかなかお店に向かう気持ちが湧いて来ないものですよね。

自力で壊す方法は・・・

自力で壊そう!

お金かかからない&無駄足を使わないなら
断然、自分で破壊するのが一番です。

トンカチでは形が歪むだけで、
ハードディスクは予想以上に固い。
また、特殊な星型のネジで包囲されているので
(特殊ドライバ、トルクスドライバー等必須)
PCを自力分解しても、多くの方は
最後のハードディスクでつまづきます。

ハードディスクの弱点

ハードディスクはとても頑丈ですが、
側面に弱点が存在します。

ハードディスクを横から覗くと
小さいシールが見えますが、ここが弱点です。

シールをはがすと、小さい隙間から
鉄のようなディスクが少しだけ見る事ができます。

ディスクに傷をつければOK

このチラリみえる隙間からディスク(プラッタ)を
細いドライバーなどでガシ!ガシ!傷を付ければOK!

納得できるまで擦る!!

少し傷をつけるだけで
データ復元は非常に難しくなる!

ディスクを傷つけてしまえば、
復元には膨大な金額がかかり
よほどの情報量がなければ復元させる意味がありません。

従って、個人レベルではここまでやれば十分で
貴方の為に100~1000万円レベル
費用を使った復元をする方は、まず存在しない。
(リスクが大きすぎる!)

相手の心を折る!

ディスクだけ傷をつけるだけではなく
ピンなどもペンチで曲げてしまいましょう。

これをする事で、起動チェック
さえもする気が起こらなくなります。
案外重要なポイントです。

燃えないゴミ等で処分

最後は各自治体に従い、
燃えないゴミ等で処分します。

一番簡単なのはドリルで
プラッタ部分に穴を開ける事ですが、
ドリルが無い家庭がほとんどだと思うので
ここではディスクを傷つける方法を推奨しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする