小学生が歯の矯正をした体験談 その2(子供に優しいマウスピース治療)

雑な医者ほど、虫歯がある状態
矯正をスタートさせるそうですが、

今回は、しっかりと虫歯治療を
終えてから矯正をスタートしてくれました。

小学生が歯の矯正をした体験談 その1はこちら

マウスピース治療のスタート

矯正は、いきなり金具を付けるものだと思っていましたが、
まずはマウスピース一ヶ月経過を見ると言われました。

マウスピースで、どの程度歯が動くのか分かりませんが、
おそらく、この動きによって今後の歯の動きを読み
ゴール(良い歯並び)に向かって
金具の設定をするのではないでしょうか?

スポンサーリンク

マウスピースには不安があった

子供が5歳の頃に、一度
顎の矯正で、マウスピースを使った事があります。

これはマウスピースをしたまま寝るという簡単な作業でしたが、
ある日、夜中にモゴモゴする音が聞こえ
危険を察したので、子供を見ると、
マウスピースがズレて、半分飲みかけた危険な状態でした。
急いで取り出し、命拾いをした経験があります。

それ以来、子供へのマウスピースは否定的になった。

!マウスピースは窒息の危険性!


しかしながら、今回のマウスピース
口から外の部分に針金が出ていて
飲み込まないように設定されていてホッとしました。

頭から、ヘッドギアのようなものを被り、
飛び出した針金を固定します。
非常に良くできていますね。

マウスピースというと、分厚いイメージでしたが、
今回の場合は、薄く前歯には当たらないので
呼吸もしやすいそうで安心しました。

前歯には何もないので、おそらく
まずは奥歯から揃え、後から前歯を揃える順番で進めると思われます。

特に花粉症などの鼻炎系症状を持つ場合は
マウスピースは非常に苦しく感じるので
薄いタイプだと随分助かります。

金額の提示が明確なのは
信頼性のある証。

前回騙されそうになった歯科では
金額が曖昧で50~70万は取られそうな状況でしたが、

今回の場合は、
どんな事があっても
「始めの金額以上はかかりません」
と言ってくれたので安心感がありました。

支払い方法も1回~20回の分割まで可能で、
しかも毎月でなくとも支払日を自ら決定できるので
選択肢が豊富でした。

現在の歯の状態

今回お任せする知り合いの歯科医は
長年家族でお世話になっている方なので
とても信頼する事ができ、安心して治療に専念する事ができました。

大切な将来を任せる子供の事ですから、
適当に選ばずじっくりと歯科選びをしてあげてください。

マウスピース治療は現在3ヶ月です。
(まだ金具は使用していません)
マウスピースでも(歯が)順調に移動しているようです。
今後の変化や金額についてはまた次回報告します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする