清潔感を保つ「青葉」和風と豚骨の融合スープが安定感抜群!

青葉は創業20周年

和風出汁豚骨スープを使う、
いわゆるダブルスープが流行した頃に出来たお店で、
中野本店を筆頭に全国に20店舗存在する。

清潔感が目に付くラーメン屋

中野本店こそ年季があるが、
他の店舗に共通して言えるのが、
・店員の服装の清潔感
・家系のような机や床のぬめりが無い
・長年営業しても調理場が綺麗
・れんげに水滴痕が無い
・机を綺麗に拭く
など、店員によっても個人差はあるが、
全体的に教育システムが出来ているようで
店員や清潔感でのがっかりが少ない、安定感のあるイメージがある。

唯一残念なのは、
割り箸ではなくエコ箸である事。

他人が箸で(歯を)シーシーしている姿を見ると
今使っている箸も
「誰かが楊枝代わりにしていたのか?」
と思うと、美味しく食べれない。

池袋店も例外ではなく、清潔感が抜群の店内!
広い厨房は、何年経ってもピカピカだ。

メニューは簡潔

メニューは非常にわかりやすく
基本的には、
・中華そば730円
・特製中華そば900円
・つけめん780円
・特製つけめん950円
の4種類。
(現在池袋サンシャイン店では、太麺が限定発売されているが
数に限りがあるために、午後には売り切れになる事が多い)

始めて食べるお客さんも非常に頼みやすく、
店員にも優しい設定だ。

スポンサーリンク

特製中華そば900円

まずはラーメンの解説。
特製ラーメンは何が特製かというと
単に具が増えたという意味で、スープが違うなどの変化は無い。

特製中華そば900円

ノーマルと特製の違いは、具の量です。
チャーシューメンマが増量+煮卵が追加される。

美しいですね、安定感のある綺麗な盛り付け。
そして、今回は池袋サンシャイン店なので、同じカウンターでも広い店内。
慌てずに食べる事ができるので女子の常連客も多いです。

スープの特徴

青葉スープの特徴は、
とろみのある豚骨スープと
魚を少し感じる和風スープの融合。

毎回味がブレにくいのが特徴で
薄いわけでもなくお下品にダシが尖がっていいるわけでもなく
これもまた安定感がある。
野球の打順で例えるなら3番に置きたいタイプだ。

麺は平打ち

麺は平打ちタイプの中細麺。
ウェーブはほとんど無し。

つけ麺の場合も同様の麺なので
世に広まっている太麺に比べると上品に見えるかもしれません。

のっぺりしたスープとマッチし
知らず知らずの間に、
スープを飲んでしまう美味しさ。

特製つけめん950円

特製つけ麺の姿がこちら。

麺の盛りは、東池袋大勝軒スタイルで
どんぶりに入っている仕様だ。

麺はラーメンの時よりも多く、
大盛(+50円)にしなくても十分に満足感がある。

麺はいつものように、多少ぬめりがあるタイプで
麺が掴みやすいにも関わらず
食べる際には滑らかさが出て
非常に程よいぬめり気が特徴だ。

つけめんの特製も同様に、
具が増加したスープで、リッチ感のある
豪華なつけ汁になっている。

チャーシューは非常に良く煮込まれていて
歯が無くても噛み切れる程の安定感がある。

青葉の安定感を感じる人々の声

青葉のラーメンを語るのに
多くの人が「安定」という言葉を使う。

味は万人に愛され、日によるブレも殆ど無い事から
安定という言葉が非常にしっくりくるのだ。

久しぶりの青葉は安定しておいしかった。

ド安定の青葉


川崎アゼリア地下街の中華そば青葉で特製中華そば(900円)。
ミシュランガイドにも掲載されている名店。
九州系の豚骨スープと東京系の和風魚介スープを
別々の寸胴で作って丼で合わせるWスープの元祖と言われている。
現在はスープの品質を安定化するために一つの寸胴で作っている。
万人ウケする味わい。

安定の青葉で妥協する事が多い。
綺麗でいいわ。

青葉食い逃げ事件簿

池袋界隈には食い逃げ犯が存在する。

今回、現行犯を目撃したのは、
青葉内で食べていた時の事だ。

とあるホームレス風の男性が
食べ終わる直後に店員を呼んだ。

男「特製なのにメンマが無かったぞ!」
(実際は入っている)

店員「すいません」
と具を補充する。

男「もっと入れろ」

店員「すいません」
(具を足す)

男「特製なのに入ってないって!
どういうことだ!許せない!金返せ!この野郎!」
(しっかり全てを食べ終えてから文句)

店員の動きでは返金又は、次回無料券を渡す姿が見えた。
(脅迫からの完全犯罪成功)

ホームレス男は、合法食い逃げに成功。

食い逃げは少なくない

このタイプの食い逃げはホームレスに多く
警察もなかなか動いてくれないので
何回も犯行を重ねる事もある。

実際にカメラも無いので証拠もなく
厨房にカメラを設置して、ホームレスに
見せつけて退治したいものである。

私が飲食屋を経営していた際には、
食べた後で「金が無い」と言い
謝る一辺倒で難を逃れる食い逃げタイプも存在した。
ホームレス風な人間が来たら、相手の”威圧”や嘘の”謝り”に負けない事だ。

アクセス

青葉 池袋サンシャイン店
サンシャインシティ アルパ内
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-1
10時30分~21時30分
03-3988-3340

スポンサーリンク

シェアする

フォローする