君はご飯の上にフルーツが乗ってる弁当を見た事があるか?【いねや】

新宿区西早稲田の早稲田大学キャンパス付近に
いねや」という渋いお弁当屋さんがある。

経営者は老夫婦で、
昭和の雰囲気を残していて
多くの方が癒されにやってくる。

常連さんは多く、学生や住民に愛されている。
お弁当が出来上がるまで時間がかかるため
長く待つ事もあるが、誰一人として催促はしない。

「おばあちゃん!今日も元気でよかった!」
「ゆっくりでいいよ、マイペースでやってくれ!」
みんな同じ事を考え、心の中で叫んでいる。

スポンサーリンク

夏はクーラー無し!

37度を越える日でも、
店内のクーラーはかかっていない。
黙って礼儀正しく待つのがルールだ♪

ボリューム満点

今回は、いねやの特徴が分かる
弁当を3種類紹介します!

いねやの弁当は盛り上がっているので

弁当1つ=1袋になります♪

なんと味噌汁かと思える液体は紅茶で、
砂糖とスプーンまで付いてくるサービスっぷり♪
(冬だけのサービス?)

子供の頃は、ごはんが出てくるのは当たり前と思っていても
大人になれば、ご飯を作ってもらうありがたみが理解できるようになる。

いねや」に来るたびに、それを思い出し
初心に帰る事ができるのだ。

君はオンザフルーツを体験したか?

いねや」を語るには、
あじさい弁当(600円)を食べないと始まらない!
なんと、お客の7割が注文する人気弁当だ。

あじさい弁当600円

ポテト、エビフライ、唐揚げ、ブロッコリー
カリフラワー、メロン、いちご、りんご、バナナとすごいボリュームだ。

そして、良くご覧いただきたい。
ご飯の上に、ヨーグルトとフルーツが
乗っているのは現代では「いねや」だけだろう。

現代ではご法度な事でも、
いねや」の場合には、”お弁当にフルーツを
を感じ、オンザフルーツに癒されてしまう。
お弁当にフルーツがあるだけで、サッパリ感があり、満足感が高まる。

慣れているお客さんは、
まずはフルーツをフタに取り分けてから食べ始める。

デラックス弁当もすごい!

デラックス弁当(850円)

デラックス弁当になると、
メロンがご飯に突き刺さってはいるものの
おかずの量も全体的に増える。

鮭、おでん、グラタン、大根の酢の物、
豚の生姜焼き、エビフライ、卵焼き、ブロッコリー、トマト
ボリュームに何も文句はない。

海老ハンバーグ弁当670円

海老ハンバーグ弁当も670円と安価でありながら、
メロンとスイカ(夏)が乗っている、ありがたい盛合わせだ。

細かい付け合わせは日替わりだが、
手作りの物が多く、レトルト感ではなく
家庭の味を思い出させてくれる。

主なメニュー

あじさい弁当 600円
こまち 570円
カラフル弁当 570円
デリカ弁当 600円
エビカツ弁当 570円
ハンバーグ弁当 580円
エビハンバーグ弁当 670円

「いねや」いつまでも元気でがんばって欲しい!
また行きます!★★★★★

いねや本館
東京都新宿区西早稲田1丁目4-18
営業時間:11:00~19:30
定休日:土・日・祝

お客さんの声



スポンサーリンク

シェアする

フォローする