【味源】懐かしい豚骨醤油ラーメンがナウぃ(神田駅前店)東京都内24時間営業

現代のラーメンは煮干豚骨魚介が多いが
昭和の頃には、背脂チャッチャ系豚骨醤油が流行した。

豚骨醤油系では、当時味源というラーメン屋が流行した時代がある。

・北海道ラーメン!
・黄色い伸びにくい麺!
・挽肉とニンニクを炒めて作る香りの良いスープ!

金曜日の夜に、
ニンニクの香る味源を食べるのが
楽しみだった人も多い。

今では、高田馬場店、新宿店、神田店と
色々な店舗が閉店してしまったが、
神田駅前店はまだまだ現役です!

神田駅前店は食券制


お店はJR神田駅の高架下にあるため、
線路付近をウロウロすれば簡単に見つかる位置にある。

食券を購入すると、昭和のオッサン2人が
ちゃきちゃきと元気に動き対応してくれる。

強風で暖簾が歪んでいると、すかさず外に出て直す。
昭和世代の良く働く男だ。

スポンサーリンク

でっかいどうラーメン1100円

味源といえば、辛いオロチョンが有名だが、
実は麺や具も増えるでっかいどうラーメンも名物だ!

でっかいどう醤油1100円

洗面器サイズのどんぶりは、
スープがたっぷり♪
食いしん坊にはたまらない仕様!

味源のスープは、単にダシのスープを使うだけではなく、
提供前には、ニンニクと挽肉を炒めてから
スープを注ぎ香りを出すのが特徴だ。

牛乳のような滑らかさを感じながらも
飽きが来ない軽さも併せ持つラーメンで
多くを食べても気持ち悪くならない。

昭和時代は超濃厚と言われたが、
今の時代では濃厚に振り分けられるだろう。

麺は伸びにくい黄色い麺。
当時は珍しかったが、今では各所で
食べる事ができるようになった。

でっかいどうの場合は、角切りの
チャーシューがゴロゴロ入っているのが特徴だ。

アクセス

東京味源 神田駅前店
所在地:〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目13−7
時間:24時間営業
電話:03-3255-1323

スポンサーリンク

シェアする

フォローする