大人が無言で喰らう名店【高はし】25年以上営業する安定感抜群のクソ美味いラーメン(飯田橋)

創業1991年、当時の事はよく覚えている。
あれから30回は来ただろうか・・

25年以上過ぎた今でも、お店の雰囲気
店主の寡黙な働きっぷりは変わらない。
変わったのは、店主も私もオッサンになった事だ。

カウンターのみのギュウギュウに狭い店内。
チャッチャ系が全盛の時代でも、
醤油豚骨や豚骨魚介の時代であっても
常に高はしは連日満員を継続してきた。

特にランチタイムの時間帯には
飯田橋のサラリーマンが集結し
100%並びが発生する。

スポンサーリンク

ワンタンメン 980円

店主は四谷の「こうや」で修行した経験があり
味は修行先とそっくりだ。

沸騰する寸胴には、豚耳や玉ねぎが浮かび、
スープ表面には、美味しそうな豚と鶏の脂が浮んでいる。


高はしの安定している事と言えば、熱々のスープ。
今まで温かった事は一度も無い。
常に火傷しそうな温度に保たれている。


麺は特に特徴のない、白く細めの麺だが、
スープの邪魔をしない非常に食べやすい特徴がある。
茹で上がりも1~2分で、案外お客の回転は早く感じる。


オイリーなスープとの相性は抜群!

ワンタン
高はしに来た場合は、まずはワンタン麺をおすすめしたい。
ワンタンは大きな皮で、大きな肉を包んであり、
味だけでなくボリュームも素晴らしい。

冬でも汗だく?
店内は狭いため、冬でも寒くは無い。
熱々のスープがたっぷりと注がれているため
食べ終わる頃にはうっすらと汗を掻く事だろう。

!ケチらない多めのスープは至福!

みんなの感想

飯田橋のラーメン屋さん「高はし」なう!
年季が入ったお店だけど、隣のおじさんも
言ってたけど掃除が行き届いてる!

高はしのラーメンを久々に食べたけど
相変わらずうまいなぁ。
実は脂っぽいからスープを飲みすぎると
後でやばくなるけど、飲み干したかったわ!
また忘れた頃に来よう。

高はしっていうラーメン屋さんいってきたけど
かなりすきな味だった

はい、週一くらいでカップ麺食べてます。
庶民派気取ってません。
リアルです。実店舗のラーメン屋さんの
オススメは飯田橋駅近くの「高はし」です。
高校時代良く通った最高の店

これの味が美味いと思ったら
大人の仲間入り

いい大人が無口になって
食べてるの可愛いよな
あの狭さと雰囲気好き

ZOZO社長 前沢友作氏も愛するラーメン高はし

メニュー 一覧

メニューは漢字で複雑に見えるが
実際の種類は少ない。

中華そば750円
焼叉麺1050円(チャーシュー麺)
高菜麺980円
雲呑麺980円(ワンタン麺)

つけ麺900円
ビール(小)400円
醤蛋(ジャンタン)100円(味玉)
皿雲呑(皿ワンタン)5個400円
雲呑(ワンタンスープ)950円

アクセス

中華そば 高はし
所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋
3-11-30 千代田街ビル1階

営業時間:中休みアリ
11時30分~14時00分
17時00分~21時00分

定休日:月曜日
電話: 03-3239-5274



スポンサーリンク

シェアする

フォローする