【2時間待ち!?】におい展の人気が凄すぎる!~待ち時間がやばい~

東京豊島区池袋、パルコ7階特設会場にて
におい展が開催されている。

通常、展示といえば
絵画や彫刻などを想像するが、
今回は”臭い”という事もあり、
絵画と違い、誰もがわかりやすい体験が出来る。

老若男女が気楽に楽しめる展示会なだけに
想像以上のお客さんが集まっている。

土日祝日はかなり混雑

人気なのはTwitter等でわかってはいたが
「まぁ入れるだろう」とタカをくくって
土曜日夕方16:00頃に訪問した。


池袋PARCOのエスカレーターを
7階まで上り、会場を目指す。

会場周辺は人がいないので、
「あぁ、すぐ入れる♪」
と思ったのもつかの間、、

!!!!!!!!!!!!!!

スタッフ「只今の待ち時間は120分です。
あちらの階段の最後尾に並んでください。」

!!!!!!!!!!!!!!

愕然とした。

いやいや、混みすぎだろう。

通常の美術館は、
待ちに待った人が、早い期間に訪れ後は下火になるものだが、
におい展の場合には、クチコミが伝わり
デートにも使いやすく万人が楽しめる事から
日が経つにつれ人気が高まっている。

スポンサーリンク

いつ空いているのか??

もちろん平日が望ましいが、
「土日であっても朝一なら大丈夫だろう」
なんて思うと見事にやられてしまう。

あらかじめ7階までの最短コースを知っておかないと
1時間待つ事になる。(10分20分で雲泥の差が生まれる)

平日と土日祝の混雑状況比較

2018/2/10(土曜日)

10:20 60分待ち
13:00 90分待ち
16:00 120分待ち
17:30 50分待ち 

2018/2/9(金曜日)

14:30 10分待ち
16:00 20分待ち

平日と、休日の差が異様ですね。
本気で見たい方は、平日の仕事終わりの夕方が良さそうです。

2018/2/14(火曜日)

17:30 30分待ち
19:00 15分待ち

中は狭いので時間の余裕を


中に入ると、予想以上に狭く多くのお客さんで行列している。
一つ一つ嗅ぐまでに時間を要し、
40分程度は余裕を持った方が良いだろう。
(ガラガラならば20分)

また、再入場ができないので
行列によるトイレが心配ならば
先に済ます事が必要。

どんな臭い体験が出来るのか?

展示の内容は、花、香水などの
良い香りから~臭い臭いまで並んでいるが、
やはりメインはくさい臭いになる

一般的な足の臭いや加齢臭から始まり、
シュールストレミング、臭豆腐、ドリアンの実物など
鼻が曲がる思いを体験できる。

加齢臭 測定機

中でも、自分の気になる加齢臭を
計測できるマシンが見どころの一つ。


測定機で、脇や耳の裏など
臭そうなところにセンサーをあてると
臭いを数値化してくれる。

デートで行く予定のある方は、
入念に体を洗って挑む事をオススメするが、

※しかし、基本的にはお客さんを落ち込ませないように設定されているようだ。

開催期間 アクセス チケット価格

KUNKUNにおい展
池袋PARCOにて2018年1月12日から開催中
(池袋駅東口側)

開催期間
開催期間1/12~2/25迄
2/21(水)は休館日注意

営業時間
10:00~21:00迄
(最終入場は20:30)

チケット
当日券:800円
前売り券:700円
セブン-イレブンに設置してあるマルチコピー機、
サークルK・サンクスに設置してあるKステーションからご購入が可能。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする