おにぎりの原価は3円以下なのは本当か?コンビニおにぎり

最近のコンビニのおにぎりは高くなった。
昔は100円が当たり前だったが、
最近では120円、130円が当たり前になり
今では200円を越える高級おにぎりまで存在する。

コンビニおにぎりは、単に高くなったのではなく
当時よりも添加物が抑えられ、味が格段に良くなったのは確かだ。
非常に美味しい。

そこで、気になるのが
おにぎりの本当の値段(原価)だ。

スポンサーリンク

お米はどのくらいの費用なのか?

コンビニのおにぎりの原価について語るには
を基本に考える必要がある。

米に関しては2017年のデータを元にすると
大量仕入れによりおにぎり1個あたり約5円、
高級おにぎりは約7円と推測される。

ただ、これには人件費光熱費
管理費物流費も含まれていないため、
こんなに安くは収まらない。
少なくと20~40円程になるそうだ。

また、コンビニという大量仕入れが出来ない
小さな店舗の場合は原価が50円を越えてしまう場合がある。

飲食店をやっている方なら分かると思うが、
原価が30%を越えると(破棄などがあるため)
利益を出すのに苦労し商売に影響する。

決しておにぎりで
ボッタクリをしているわけではないのだ。

コンビニ店舗は20~40円のおにぎりを
70円程度で仕入れるので、薄利多売で大変なのだ。

原価と原材料費は違う

原材料費とは?
→製品を作るための原材料にかかる費用。

原価とは?
→商品をつくるのに使う費用。
(人件費、光熱費等)
※コストとも言う

鮭(しゃけ)という名称なのに
中身はマスなのか?

本物のを使うおにぎりが少ない事から
2014年頃から原材料名の表示は厳しくなった。


ファミリーマート
→原材料名「サーモントラウト」
と正直書くようになった。
(商品名は鮭でも原材料名に記載)

本物と偽る日本

世の中には、騙し表示が多い。
明らかな輸入牛でも和牛と表示している焼肉屋はまだ存在する。

バナメイエビ→芝エビ
ネギ→九条ネギ
人工イクラ→イクラ
明らかにA3以下の牛→A5ランクの和牛
とこぶし→あわび
とんぶり→キャビア
ニジマス→
サーモントラウト→
ナイルテラピア、アメリカナマズ→
シルバーワレフ、オキメダイ→ブリ
スギ、シイラ→カンパチ、ハマチ
スプラット、ピルチャード→イワシ
オヒョウ、カラスカレイ→エンガワ(ひらめ)
アルゼンチンアカエビ→甘エビ
加工牛(牛の脂を注入し固めた肉)をステーキ

などの様々な商品を偽っているのが日本だ。
正式名を、表示する店舗が増えたのは非常にありがたい。
(ただ完璧ではなく例外店舗も数多く存在する)
回転寿司でありがちな代用魚に関しては
多くの人間が、本当の味を知らぬまま育ってしまう危険性がある。


また、吉野家で販売している牛鮭定食は
中身はサーモントラウトだが、
「牛鮭定食で浸透しているため変える予定は無い」そうだ。


ただ、鮭に関しては、
ニジマスもサーモンも美味しく(違いは明確にあるが)
”ニセモノ”ではないので嫌な感じはしないだろう。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする