【江戸東京たてもの園】子供も楽しめる!家族でタイムスリップ体験 昭和大正

江戸東京たてもの園は野外の博物館で
両国にある、あの有名な東京都江戸東京博物館の分館になる。


1993年開館。江戸時代から昭和にかけ
懐かしい建造物を集めているが
絶えず修復の繰り返しで、古き良き日本を守っている。

今回は、宮崎駿「千と千尋の神隠し」の
参考にされた銭湯がたのしみであったが
修復中で入る事が出来なかった。

アニメのみならず、「とと姉ちゃん」
「おひさま」「デカレンジャー」
「華麗なる一族」「純情きらり」「不毛地帯」などの
ドラマの撮影でもよく使われた事がある。
特に、農家など囲炉裏などがそのまま残っているので
過去の時代の撮影には好都合だろう。

スポンサーリンク

子供も楽しめるのか?

家族で行く前は、
「はたして昭和を知らない子供は楽しめるだろうか?」
少し不安だったが、
実際は予想以上に楽しんでくれた。


例えば、酒屋に行けば
昔懐かしい扇風機がある。

レジを見れば、現代とかけ離れた物が置かれ
その違いに驚いてくれる。


また、懐かしい井戸は、
操作して水を出す事ができる。
飲むことは出来ないが、体験する事が可能だ。

全体的にはお金持ちの家が多い

江戸から~昭和の建造物が復元されているが
我々のような一般人ではなく、当時のお金持ちの家が再現されている。

例えば、この建物は大正時代の
田園調布の家ですが、現在でも軽くリフォームすれば
普通に暮らせる程の作りをしている。

当時では、かなりの贅沢っぷりだ。

その他の見どころ 一部紹介

ネタバレにならぬように
一部だけ見どころを紹介!

居酒屋

都営荒川線

万世橋派出所

川野商店(和傘問屋)

タイミングが良ければ、スタッフによる
和傘の解説を聞く事ができる。

園内には、黄色い服のスタッフと、
青い服のボランティアの方が存在し
ボランティアにも関わらず、
熱心に説明している姿には感動してしまう。

ボットン便所

一部の家は、実際に中まで入れるので
大人だけではなく、子供も探検気分
楽しむ事ができます。

履きやすい靴で参加するのがおすすめ!


最後は、昭和人としてお礼をポトリ。

また来るぞ!

アクセス

江戸東京たてもの園
場所は、中途半端で
花小金井駅東小金井駅武蔵小金井駅
徒歩では20分程度かかる距離にある。
(できれば車やバスが理想)
入場料:大人400円、中学生以下は無料
と安めに設定されている。

東京都江戸東京博物館を見る。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする