ゴミ収集車が来ないスルーされる現象 連鎖し何でも捨てられる【燃える燃えない】

ゴミの収集日なのに、
ゴミ集積所を通過してしまう収集車が存在する。
収集所
これは決してわざとではなく、
(分別を間違えていないのならば)
単に忘れられている可能性が高い。

収集を忘れられる例

例えば、こんな例がある。
ゴミ集積所が花壇によって死角になるため、
収集車が忘れてしまう場合だ。

特に、ゴミの量が少なければ
車道からは視界に入らないので
通過される事も事もある。

ゴミ集積所は多すぎるので、
毎回1,2ヶ所は簡単に通過してしまうのかもしれない。

スポンサーリンク

困るのが二次被害

ゴミを置いていかれるだけならまだ良いが、
ゴミが置いていかれてしまうと、

通行人「ゴミがあるからここに捨てて良い」
として、燃えるゴミ&燃えないゴミが混ざり捨てられ厄介になる。


はじめは燃えないゴミだけだったものが、
1日で、燃えるゴミ犬のフン
ゴミの日ではないにも関わらず、ゴミが増加した。

このままでは、誰かが掃除しなければ
どんどんゴミが増え、カラスも増えてしまう事になる。

清掃局に電話をする

地元の清掃局に電話する事も時には必要だ。
我が家の場合は、燃えないゴミの日に限り
50%の確率でスルーされてしまう事があった。
(電話により解決)


電話番号は、ゴミ集積所の案内の
一番下に書かれている。

電話をしても、収集している人が
電話に出るわけではないので
まるで他人事のように(のんびりと)
「あ、そうですか・・」と言われてしまう事がある。

怒りが湧くかもしれないが
再度このような事が起こらないように
落ち着いて事情を説明しましょう。

・ゴミが少ない日にスルーされてしまうのか?
・燃えないゴミの日に限ってスルーされてしまうのか?
・何回もスルーされているのか?
詳細を的確に伝える事が必要だ。

集積所の前は苦労する

運悪くゴミ集積所の前に住む人は
自然と責任を背負わされ管理をする事になる。

粗大ゴミなどの回収しないゴミが集積所に残ると
通りかかった人は「何でも捨てて良い場所」として認識し
犬の糞、燃えるゴミ、燃えないゴミ、吸殻と
なんでも捨てて行く事になる。

この結果、このゴミの処理をするのは
基本、目の前の家の住人になる。

間違えたゴミがあれば、別の場所で保管する
などの無駄な気遣いをしなければならない。
現に私もこの状態で非常に腹立たしい日々を送っている。

あまりにも(不法投棄等が)辛いようなら、
自宅前での集積を止めてもらう手続きをしても良いだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする