【目黒川】沿いを全部歩く「天空庭園」や「暗渠」を見てきた【桜】

川マニアの子供に付き合い、
散歩するシリーズ。

今回は桜で有名な目黒川沿いを歩いてみました。
全長は8kmと散歩には最適な距離です。
歩道は整備されており、迂回コースはほとんど無く、川を楽しめるコースです。

まずは東京湾側へ移動します。
天王洲アイル駅から、目黒川の入口まで歩きます。

昭和橋がスタート地点
(湾岸通り:国道357号線)

↑昭和橋から東京湾側の景色
↓昭和橋から上流の池尻方面

池尻大橋を目指してのんびりと
散歩を楽しもうと思います。

トイレは計画的に

スタート地点の海抜は2.4m

目黒川は、途中公園が少しありますが、
公衆便所の数が少ないので、
トイレが近い方は注意した方が良いでしょう。
見つけたら寄るくらいの気持ちが◎


歩き始め直後は、左右に
お寺をいくつか見かけました。
(新馬場付近はお寺が多い)
左側に、本光寺の三重塔を発見!

品川橋鎮守橋と、
和風なおしゃれな橋が続きます。

要津橋(ようじんばし)

非常に読みにくい要津橋
名前の用心に合わせて、橋の側面には
恐竜?などが描かれていています。

大崎駅周辺は貴重な休憩場所

目黒川は山手線とほぼ平行して歩く事になりますが、
五反田や目黒などよりも、
比較的、土地面積の広い大崎周辺の方が
ゆったりと食事が出来ます。

レストランを含むビルも多く
特に土日になるとサラリーマンが少ないので
普段は混むレストランもガラガラになります。
(週末の大崎は穴場!)

今回は、スタートから2キロ程
大崎センタービルで食事をする事にしました。

本当は、五反田のお店が(後に記載)気になっていましたが
混んでいると予測が出来たので早めに食事をする事にしました。

Kirin Cityが優しすぎる

キリンシティ(Kirin City)という
チェーン店ですが、居心地重視で入ってみる事に。

中に入ると、禁煙喫煙を選択でき、
今回の店員さんはイケメンで優しく、
のんびりとしたランチを楽しむ事ができました。

ランチメニュー
ランチメニューはカレー系から
竜田揚げ、ポークジンジャー、
デミグラスハンバーグなどの定食系
日替わりパスタなど10種類程度の選択肢があります。

ナポリタン740円

イケメン店員さんは
子供の為に「ナポリタンは熱いので取り皿でどうぞ♪」
と、子供がいる親の気持ちを理解してくれるスマートな立ち回り♪
気を使って頂いて申し訳ない。

パスタは細麺で歯ごたえがあり、
ピーマン、ハム、玉ねぎが入り、
粉チーズをたっぷりとかけてあるのは嬉しい。
味にもコクがあり子供は喜ぶ味です。

ポークジンジャー焼き800円
(ご飯は大盛無料)
生の生姜を使用した生姜焼きは
見た目以上にコクがあり美味しい。
2品とも想像以上に美味しかったので驚きました。

!早めの大崎ランチ大成功!

Kirin-city(キリンシティ大崎)
品川区大崎1-5-1
大崎センタービル1階

御成橋の放水


お店から出ると、運良く
1時間に1回の再生水の放水を見る事ができました。
ラッキーです。

すぐ先にはピーマンのオブジェがあります。
ビル間の強風を弱める働きがあるそうです。

ふれあいK字橋


五反田駅手前にくると、
ふれあいK字橋という、
違和感のある名前の橋があります。
良く見ると、形状がKになっている事が分かりました。

五反田駅周辺

五反田駅付近には、一度行ってみたい
「ミート矢澤」というステーキ屋があるのですが、予想通り満員でした。
しかも14:00を回っているにも関わらず50名程の行列・・・
(店頭だけでなく、車道側にも列がある)

また次回の宿題になりそうです。

目黒川が細くなる

田楽橋(でんがくばし)から上流を見ると
石が大量に置かれ、川が細くなります。
また、この場所はカモなどの憩いの場のようで
たくさん休憩していました。

目黒周辺

中目黒付近になると、
お洒落なお店やレストランが出現し
土日は特に賑わいます。
(人口密度が高め)

我々のような川散歩を目的とした人とは
正反対の人々が多いので、
自分たちだけ浮いている感覚になります。

天空庭園に寄ってみる

池尻大橋に手前には
天空公園目黒天空庭園(オーパス夢ひろば)があります。

大橋ジャンクションの上に作られた公園で
無料で入る事ができます。

この公園の特徴は、
動物同伴でもOKな事です。
ペットと入園する場合には登録が必要です。

目黒川側から、エレベーターに乗る事が出来るので
3階に行けばすぐに公園に到着します。

営業時間
4~10月 7~19時
11~3月 7~17時

スポンサーリンク

池尻大橋から暗渠化

池尻大橋(大橋)の手前
「ここで開渠は終了」の雰囲気が漂います。

悲しい事に、ここで目に見える目黒川は終了
この先は、暗渠化されています。

信号を渡ると、
綺麗に整備された緑道になっています。
横には自転車専用道路も設けられ、
歩行者も安全に歩く事ができます。
以前、川だった思い出を残すように
右側には人工池らしきものがあります。

この暗渠化された道を
600メートル程進むとゴールが現れます。

感動の合流地点

暗渠を辿ると目黒川の終点に到着です。


二手に別れていますが、
左は烏山川、右は北沢川の分岐点。

この2つの川も同様に暗渠化されています。
せっかくなので烏山川(左側)を選択し少し歩いてみました。

烏山川を1キロ程進んでみる


烏山川緑道は暗渠初心者向けのようで
以前この場所には橋があった”と思わせるように
一部を残してくれています。
非常にありがたいですね。

みいけはし

山中橋

下ノ谷橋



その他も多数の橋跡があり
マニアの子供も大興奮!
暗渠の楽しさを再確認したようです。

最後は途中で左に曲がり、
最寄駅の三軒茶屋駅から帰りました。

烏山川(烏山川緑道)も北沢川(北沢川緑道)も長いので
全てを辿るのは大変そうです。

目黒川まとめ

目黒川は川沿いの道が整備されていて
非常に歩きやすい印象でした。
また、犬の糞も処理する方も多いようで
中野付近とは違い2個しか見かけませんでした。

桜の時期は景色が綺麗かもしれませんが、
(時期をずらして)空いている歩道の
散歩も気持ちが良いものですね。

散歩時間:約4時間30分
歩数計:約2万歩

川沿い&暗渠散歩 記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

フォローする