【小名木川】桜の開花直前 4.6キロお手軽散歩 クローバー橋

川マニアの子供に付き合わされ
川沿い歩き尽くすシリーズ。

今回は隅田川~旧中川に抜ける
小名木川沿いを全て歩く事にしました。
全長はおよそ4.6km程で
今までの川沿い散歩に比べれば
短めの川になります。

小名木川の名の由来
徳川家康が塩などを運ぶために
小名木四郎兵衛に命令して作らせた川。


↑船から見た小名木川の入口
(隅田川方面より)
萬年橋が見えます。

小名木川の入口周辺のみ、
桜の木が多いので、クルーズでは
入口付近を軽く経由するコースがあります。

萬年橋から散歩スタートします!

萬年橋の直後には、新小名木川水門があります。
訪れた時には、工事中&通行止の表示。
この先にある扇橋閘門は、
完全に通行止めで大工事をしていました。

小名木川は人工河川であり、
自然に出来たような左右に曲がる曲線が無いので
少し寂しい気もしますが、
その分とても歩きやすいのが特徴です。

川沿いの道が整備されています。

トイレに優しい気配り

短い割には公衆便所が多く、
トイレマップが至る所に掲示されていて非常に親切。

橋を越える場合も、橋の下を
潜り抜けられる場所がほとんどで
非常に良くできている。

前半部分は、舗装中の場所もあり
まだまだこの辺りは歩きやすくなりそうです。

スポンサーリンク

大横川と交差する

隅田川から950mの地点には
大横川という小名木川と同じ太さの川と交差する。
左奥に大きなマンションがあるので目印になります。

左側にはスカイツリーが見え
川が真っすぐなので迷いようがない。

この場所では、右に大きく迂回する事が必要。
(扇橋を利用)

小名木川の見どころ

小名木川の見どころと言えば
エックス×のように架かる橋だろう。

上空から見れば完全に×になっており、
多くの方が自転車で通過し、
住民には必要不可欠な橋だ。

小名木川クローバー橋
小名木川、横十間川に架設されている歩行者&自転車専用橋。


付近に大きなLIFE(スーパー)があるため
お母さん達が自転車を使い高速で滑走する。
歩行者は注意が必要だ。

この辺は人が多く、私は運悪く
落ちているゼリーの容器を踏み
膝を捻ってしまった。
(踏んだ後に滑るので容器は危険)
ゴミは単に街を汚すだけではなく
他人を怪我させる恐れがあると学んだ。


クローバー橋の先は
綺麗に整備された歩道が見える。

整備された遊歩道


進開橋(しんかいはし)
(明治通り)
後半になると、急に歩道が綺麗になる。
和風の手すりと外壁で随分とお金がかかっている事が分かる。


壁の石垣も、人工的に作られた石で
同じ形の石が規則的に並んでいる。

ここでは自転車も通るが、
多くの自転車は上の歩道を通るため、
歩きにくい事はなかった。

自転車よりもマラソンランナーが多い

番所橋でゴール


およそ2時間の散歩も終了へ
ラストの番所橋に辿り着く。


番所橋からの景色。
旧中川へ繋がっている。

最寄の駅は東大島になるが、
450m程の距離があった。

見どころは少ない川ではありましたが、
日本橋クルーズの直後だっただけに
十分な散歩になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする