【サンシャイン水族館の水】全部抜くを見てきた【池の水ぜんぶ抜く】

サンシャイン水族館「水槽ピカピカ大作戦!」

サンシャイン水族館では、年に数回
水槽の大掃除(落水清掃)を実施している。

最近では、池の水ぜんぶ抜くという
テレビ番組が人気であり、掃除を隠さず
サンシャイン水族館は、掃除日程を公開している。

夕方から掃除を開始!

開始時間は閉館1時間前からなので
残念ながら掃除を最後までは見ることはできない

しかしながら、
水槽内の生物を取り上げ、
水がすべて抜かれる光景は普段見る事ができないので
大人も子供も楽しむ事が出来るだろう。

「水槽ピカピカ大作戦!」日程

【清掃日時】
3月8日(木) 17:00~閉館後まで「沖縄の海~白保~」水槽
3月14日(水)17:00~閉館後まで「大西洋~カリブ海~」水槽
3月19日(月)17:00~閉館後まで「オーストラリアの海~グレートバリアリーフ~」水槽
※各日作業は閉館後も続くため最後まで見ることは不可能。

スポンサーリンク

「大西洋~カリブ海~」水槽

今回は、3月14日(水)
17:00からの「大西洋~カリブ海~」水槽
の掃除を視察してきました。

-水族館は連日混んでいる-大人気-
16:30頃までは混み合いましたが、
17:00を過ぎるとお客さんが激減しました。

水抜き開始!

「大西洋~カリブ海~」水槽前には
30人ほどのお客さんが集まり見守ります。

!夕方からなのでゆっくり見れます!

17:00水抜き

当然ながら、掃除の順番は
水を抜く→魚を取る→掃除の順になる。

7:10になると水位が下がり
7:20頃になると1/3程に減少した。

普段は見ることができない
バックヤードを少し覗く事ができる。

追い込み漁形式


水位が1/3程度になると、
2人のスタッフで魚を捕獲する。

魚を傷つかないよう、ビニール袋を利用し
追い込み漁形式でサクサクと捕らえる。

魚を捕獲している間に、
解説員が水槽前で生物や作業の内容を紹介していた。
(マイクではないのでほとんど聞こえなかった)

砂を取るのが大変過ぎる


単に水と魚を抜き清掃にかかるのかと思われたが、
カリブ海水槽の底には””が敷かれており
砂を全て網で掬う作業は重労働だ。

砂を取り去ると、
次は薄い洗浄液が入っていると思われる
液体が如雨露(じょうろ)に注がれ、至る所に撒かれていた。

ここで閉館 残念無念!

これからブラシで掃除するのかな?
というところで残念ながら閉店のアナウンス

残念ながらこの先は見る事が出来ませんでした。

閉館直前


閉館直前は、美しいライトアップと貸しきり感がありますが、
動物たちは室内に戻るため、コツメカワウソやペンギン、ペリカンの姿は0でした。

水族館の維持費は大変

今回の掃除を見て、
水族館の人件費や、水道、光熱費等の
維持費の膨大さを知る事ができました。
入館料がどこも高額なのは仕方がないのかもしれませんね。


池袋サンシャインシティ攻略法に戻る

おまけ

サンシャイン水族館では、
リボンドパイプフィッシュが展示されていました。
日本では初展示です。

リボンドパイプフィッシュとは?
タツノオトシゴの仲間で
熱帯海域の水深15メートル以内の
比較的浅い部分で生活している。
主にサンゴ礁や藻のある場所を好む。

タツノオトシゴと似ているだけに
特に興味の無い方はスルーするようで
行列するなどの事はなかった。
池袋サンシャインシティ攻略法に戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする