【最近の曖昧ルールに疑問】勝手にメルマガ会員になっていた人が急増

最近は、スマホやPCが普及し
ネット注文や様々な登録に
氏名住所を打ち込む機会が増えた。

そして、(楽天市場から流出?)
”いつの間にかメルマガに登録されていた”
経験が1度や2度はあるだろう。

個人情報に雑な時代

個人情報保護法特定電子メール法など
いかにも個人を守るような法律が存在するが、
その代わりに、メルマガ登録あなたの個人情報
を提携会社と共有する事は許されているのはおかしいと感じる。

例えば、A会社で注文したにもかかわらず。
しばらくしたらB会社から宣伝のハガキが届いた
なんて事はよくある。

もちろんこれは
注文時に、小さく注意書きとして
※提携会社とデータを共有する事を許可します※
的な事に同意しているはずだ。


※会員登録の際に、個人情報の共有に
同意する機会が増えた。

人としておかしい

個人的には、目立たない位置に
”提携会社には個人情報を与えて良い”を記載して
騙す方法は納得できないばかりか、
人間としておかしいと考えている。

例えば、楽天市場を例に挙げると
商品購入の際には、購入確定ボタンの遥か
下に(目立たないように)メルマガ購読のチェックが入っている。

これはある意味”騙し”ではあるが、
現代になってもこれが法律範囲内というのは理解に苦しむ。
仮に私が店主なら絶対にそんなことはしない。

別に個人情報が漏れたところで
たいした事ではないが、このような
ずるいやり方が気に食わない方は多いだろう。

スポンサーリンク

勝手に会員登録されていた実例

私の所には、7年程前から爽快ドラッグ
薬の通販会社(以降S社)から頻繁に
メルマガが送られてくるようになった。

S社からはサプリを購入した際に
登録されたものであると推測できるが、
楽天市場を通しての購入なだけに、
まずは楽天のメルマガを全て解除した。
(楽天市場と各ショップのメルマガ解除場所は違うので注意)

これでメルマガが停止されるのかと思ったが
2年経っても続くので(メルマガ解除をしようと)
S社メルマガの解除リンクをクリックした。

初めてS社サイトに辿り着くと、
”解除するにはログインしてくれ”との記載。
はじめて来たサイトなのに
会員登録をした覚えは無い。

勝手に薬局の会員にされていた

「ちょっとまってくれ。」
楽天の会員登録はしているが、
S社では会員登録をしていない。
(特に私はIDやパスワードの記憶にはうるさく
全てメモして保管する癖があり、登録した覚えも記録も無い。)

また、パスワードを忘れた場合の
パスワードを再設定をするをクリックしても
再設定のメールはいつまでも届かない。
これはわざとなのだろうか?
解除させないつもりなのか?
非常に気持ちが悪い。

楽天の情報を打ち込んでみる

パスワードの再設定が出来ないので
このまま受信拒否にすれば良い話だが、
それではこちらのデータはS社に残るので非常に気持ちが悪い。

納得できない事は、徹底的にやりあう性格なために
翌日電話をかけて詰め寄る事を決めた。

楽天データがそのまま移動?

だが、念のため
楽天の情報を全て打ち込んでみた。

すると、楽天に登録している
生年月日パスワードがそのまま使われている事がわかった。

現在はパスワードを変更しているが、
過去に楽天のみでしか使っていないパスワードが
登録した覚えの無い薬局にも渡っているとは驚いた。

S社のサイト下には”プライバシー”マークを
わざとらしく提示してたが、単なる気休めで
当たり前に個人情報を共有する現代に疑問を感じた。

個人情報は出回り放題

最近はネットだけでなく、
多くのポイントカードが流通している。
会社によっては商品購入の傾向データを抜かれるだけだが、
中には提携会社と個人情報を共有するポイントカードも存在する。
ポンタカード Tカード
ポイントカードに参加する店舗は
”客のデータ”を得られる事が最大の理由だ。

私はこのような事に対して、
各社偽名や生年月日を変えて登録し全て控えてある。
予めこのような対策をしていると、
”どこから個人情報が漏れたのか?”特定出来る。

私自身も以前は、
メルマガを発信する側ではありましたが
お客様が「送るな」「登録していない」など
理不尽なクレームもあり、現在では休止している。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする