自転車2人組に声をかけられたら97%モルモン教説【神様】

自転車に乗った2人組に
声をかけられた事はないだろうか?
特徴としては外人で服装は爽やかで若い。
しかも日本語がとても流暢だ。

彼らは歩く人に声をかけて
神様」について熱く語る宣教活動を行っている。

自転車 宣教の方法


今回の外人2人組は、バス停に自転車を止め
”バス待ちの人に迷惑をかけながら”
日本の学生に神様のすごさを伝えていた。

若い頃の私なら、
すぐ殴っていたところだが、
今の若者は優しく、文句を言わず聞いていた。
ある程度心が出来上がった大人を勧誘するよりも
若い人を勧誘するほうが将来的(お布施的)にも良いのだろう。

とにかく神様大好き

バス停の隣で宣教活動するものだから
待っているお客さんたちに”話は筒抜け”だ。

外人「オナヤミハアリマセンカ?」
外人「ショウライノモクヒョウハ?」
外人「ワタシハコドモノコロカラ神様をソンケイシテイタ」
外人「神様ヲシンジテイレバマチガイナイ」

など、最終的には神様は凄い!に行き着く。
悩みや目標を聞いて、最終的には
「神様」に結びつける事になる。

実際問題、神様は実在しないが、
いると仮定する事で自分が楽になり
幸せに感じるなら、それも人それぞれの生き方だ。

もちろん宗教は人それぞれで
私は肯定も批判もしないが
布教活動だけは納得が出来ない。
(今回は宣教活動)

布教→相手の考えを変えさせて説得
宣教→紹介するだけ

そんなに良いものならクチコミで伝わるし
信じる者だけがこっそり進めれば良いと考える。

スポンサーリンク

勧誘された人々の声

昔よく自転車2人組で沖縄を回ってる
白人男性たちを見かけたけど、
真面目で善良そうな印象だった。
子供だったから騙されたのか。がっかり。

久々に、カッターシャツ黒ズボンに
メガネで自転車に乗って二人組で行動する
トラディショナルなモルモン教白人を見たんだけど、
あれって服装とか自転車の色とかまで
細かい指定が上層部からあるんだろうなと思う。

基本モルモン教は二人組で
自転車に乗って徘徊してるので
外国人がペアルックで自転車に
乗ってるところを見かけた場合は
近づかないほうがいいですよ。

なぜかハイタッチ
英語指導からのモルモン入り

モルモン教とか悪評高すぎて
高校の頃から注意されてたし
実際遭遇するとか不意打ちすぎて反応困る。

エホバもまあ周辺にはあるけど…。
エホバとかモルモン教ではないって注意書きにあったわ。

布教しないでこっそり活動しろよ。
迷惑なんだよ。

今日モルモン教のお兄ちゃん二人に
英会話教室という名の勧誘をされた。
ハイタッチまでさせられたがお断りさせて貰った。
まあばっちり末日聖徒と書かれた
日本語の名札まで付けているのは堂々としているとは思う。

神様いるなら出してみろよwww

外歩いてたら雪で遊んでた外国人に声かけられ
ハイタッチしたりしてしばらく話したんだけど、
そのうち話の内容が雪のことなどの雑談から
神のことにシフトしていき、
ただの雪でテンションが上がった外国人ではなく
モルモン教の※宣教師であることが発覚した。
※宣教師・・・宗教を外国に広める仕事。

なぜかハイタッチされる

吉祥寺で、モルモン教の人に話しかけられ
色々聞かれたから答えつつ逆に質問しまくってたら
「モウ、ケッコウデス。アリガトゴザマス。」
って言って撤退して行った。
困惑しながらもハイタッチされて笑ったのはいい思い出。

俺を勧誘してきたら自転車ぶっ壊して
ハイタッチフルパワーで骨折してやんよ。

今さっき交差点で信号待ちしてたら
モルモン教宣教師の白人男2人ににいきなり
ハイタッチを求められたので
快くガン無視したった。

ホモ2人組うぜぇ
モストデンジャラス洗脳コンビと名づけよう。

今回は良い機会なので
直接本人に話を聞いてみた。

良い機会なので、
爽やかに活動する彼らに話を聞かせて貰った。

彼らは大学生で”ボランティア”をしているそうだ。
この宣教ボランティアは単位獲得に必要な事で
大学を休学してまで、様々な国に派遣されるという。

彼らとしては、心の真ん中に”モルモン教”があるだけに
悪い事をしているという感覚が無いので
澄んだ目で「神様最強説」を説明してくるのだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする