【綾瀬川】沿いを歩くその3(草加~浦和美園)松尾芭蕉を推してくる街

川マニアの子供に付き合い
川沿いを散歩する拷問シリーズ。

今回は前回に引き続き、
2日連続で長距離散歩となりました。


長距離散歩に使えるのがBCAAで、
出発前に飲んでおくと、疲労が緩和され
翌日に疲れが残りにくいのでおすすめです!

草加駅からスタート

まずは草加駅まで電車で移動し、
東口から散歩をスタートします。

前回は2体の像を見つけましたが、
今回は駅前を逆回りしたところ、
草加せんべいを焼く像に遭遇。

他のお客さんが休憩していたので
記念撮影は断念!

そして、東口前の道を真っすぐ進むと
地面に”おくのほそ道の風景地(草加松原)”と
書かれた案内が埋め込まれています。

矢印綾瀬川の方向は同じなので
そのまま進みます。
(もしかしたら何か見れるかもしれません)


綾瀬川に突き当たり(源流側に)
左に曲がり遡上します。

古綾瀬川水門が美しい


綾瀬川は終始左の伝右川と平行していますが、
右側からは古綾瀬川が注ぎ込みます。

なかなか大きい水門で非常に美しい。
この日はとても日差しが強かったので
写真が綺麗に撮れました。

神明排水樋管(水門)

直後には、左側から
(伝右川からの)水門が現れる。

埼玉県神明排水機場を通して、
神明排水樋管(上写真)から排出される。

松尾芭蕉推しの街 草加

神明排水樋管を越えると
札場河岸公園(ふだばかしこうえん)に入ります。

ここから松尾芭蕉推し
雰囲気が徐々に伝わってきます。

立派な銅像を始め、
様々な記念碑等が飾られています。

お土産屋顔はめ看板見晴らし塔(望桜)があります。
どれも新しいようです。

見晴らし塔の内部は、殆ど階段で狭く
最上階からは、松並木綾瀬川を見下ろす事ができます。

松尾芭蕉が生まれた場所でも住んだ場所でもなく
ただ通っただけで、ここまで崇められているのはすごいですね。

スポンサーリンク

橋がすごい!

しかし、驚くのはまだ早く
この先の2本の橋圧巻で印象に残りました。

矢立橋(読み方:やたてばし)

大きく立体感があり迫力満点です。
下の道を歩いた方が早いにも関わらず
「せっかくだから」と橋を渡る人が多いのが印象的でした。

橋の上からは、松並木を見る事ができるが
なぜかスカイツリーに合わせて634本植えてあるそうです。
(こだわりは無いのかい!!)

2つめの橋 百代橋


百代橋(読み方:ひゃくたいばし)
長さ63.5メートル、幅3.5メートル

以上の2つの橋は本当に美しい!
実際に見るべきです!おすすめ!

このような立派な橋なのに、橋上で
”酒を口に含み→吐き出す”を繰り返す
浮浪者のような人間がいたのは非常に不愉快でした。


ハープ橋からの景色
この立派な松並木のある通りは1.5キロほど続きました。


松尾芭蕉ストリート(舗装)が終了する場所は
雰囲気が一変し、欄干が残っている場所が出現します。

この辺りで、すぐ左に見えた
ブロンコステーキでランチを食べました。

2つの水門


筒状で目立つ、東京外環自動車道の
両端には、水門があります。
左:草加北水門 右:草加南水門
(両方とも古綾瀬川に繋がっている)

かぶとむしのいる橋

槐戸橋(さいかちどはし)には
カブトムシのオブジェが貼りつけてあります。

カブトムシは梍(さいかち)という木の
樹液を吸うため、このようにオマケとして
カブトムシが貼りつけられているのかな?

左側が歩きやすい


今回の区間に関しては、左側が優遇され
川沿いを歩く場合には出来るだけ
左側を選択した方が良さそうでした。


川沿いを歩いていると、やはり綾瀬川は臭い
この日も見かけたカモは少なく、合計6匹だけだった。

後半にジャングルポイントあり


後半になると3キロの散歩コースが現れます。

ジャリ道で、直射日光が当たるものの
川沿いを歩く事が出来るのでロスがありません。

中間地点では日陰になる箇所があり、
その場を往復して楽しむ老人が目立ちました。

この散歩コースを越えると
道少し険しくなり、雑草が増えます。

親子で半パンだったため、
くすぐったい&気持ち悪いで
なかなかの苦痛でした。

!虫が苦手な人には拷問!

さいたま市へ

ジャングルを越えると、
今度は、白線だけの歩道になり
雑草が増えてが見にくくなります。

さいたま市も、「このままではいかん」
と思ったようで、歩道整備工事の看板が立てられていました。

浦和美園駅でこの日は終了へ

今日の目標は浦和美園駅の為、
綾瀬川から離れ、街に入ります。


埼玉県川口市市章(シンボルマーク)


埼玉県さいたま市市章(シンボルマーク)

伝右川起点?


偶然にも、地図上の伝右川起点
見る事ができましたが、厳密には
約5キロ先(源流)があるようです。

浦和美園周辺の風景


浦和美園駅すぐ隣には
巨大なイオンがあり、とても便利な場所ですね。
この日は日曜日でかなり多くのお客さんが訪れていました。

少しイオンでゆっくりしたかったですが
子供には退屈なようで、すぐに帰る事になりました。

浦和美園駅の改札広場にある、
キャプテン翼のステンドグラスに見送られて終了です。

本日の歩数計

今回から、正確な距離を計るために
グーグル尾行のロケーション履歴を使用しました。

地図上では正確な距離は計れませんが、
グーグルさんに任せると、100m単位で計測してくれます。

本日の散歩距離 14.4km
本日の歩数 24231歩


距離的には、あと2回の散歩で
源流まで辿り着きますが、

以降は、歩道が無い場所を
歩き続けないとならないので
今後の予定は、息子と相談になった。

歩道が無い散歩は危険!


浦和美園以降は、
川沿いを歩ける箇所が激減し

9割以上歩道が無い道を通るので危険と判断。
命を優先し、綾瀬川の源流への旅は中止となった。

綾瀬川その3 おわり

スポンサーリンク

シェアする

フォローする