【写真を見れば簡単】水上バスの乗り方 切符の買い方や運賃 東京湾クルーズ

東京湾周辺の水上バスに乗りたいけれど
乗り方が不安な方も多いはずだ。

難しいと考えてしまう原因の一つに
運行ルートが複数ある事が挙げられる。

どの駅を通るのか?右回りか?左回りか?
知らなければ不安になる。

!7つの駅をどのように回っているのか?

実はルートがバラバラで分かりにくい

勝手なイメージで、左回りや
右回りのルートを考えてしまいがちだが
実際はこのような規則正しいルートは無い

複雑に思えてしまう理由は運行ルートが5種類ある事が原因だ。

1.ホタルナライン
2.ヒミコライン
3.隅田川ライン
4.お台場ライン
5.東京ビックサイトパレットタウンライン
以上のようにコース分けされているので
ややこしく感じてしまう。

スポンサーリンク

日の出桟橋の場合

また、ここからは要注意になりますが
全てのルートは頻繁に運行しているのではなく
例えば平日の場合には、下画像のように
5.東京ビックサイトパレットタウンライン
運休になっている事もある。

今回は日の出桟橋を例に挙げると、
行き先は(運旧もあるため)切符売り場では
浅草又はお台場海浜公園の2拓になってしまう現象が起こる。

!ルートが複数あるために複雑に感じる!

!行けない場所もあるので案外不便!


このように自由度が少ないので
特に平日は(ツアー客がいない限り)ガラガラです。

時刻表に注意

また、東京の地下鉄とは違い
水上バスは本数が少ないため注意が必要。

このような事を調べるのが面倒な場合には
こちらにアクセスし、
出発地と目的地を選択しましょう!

出発地を選択すると、
行く事のできる駅しか表示されないので
乗船ミスを防ぐ事ができる。

切符の買い方


日の出桟橋乗り場

それぞれの駅には、
スタッフが1.2名で対応している。

日の出桟橋の場合は、
自動切符販売機が2台設置されている。

購入方法は、分かりやすく
日の出桟橋から行ける駅しか表示されないので
迷う事無くタッチパネルで操作が可能。

今回の場合は、
浅草行きお台場海浜公園行きの2つしか表示されなかった。

出発5分前になると、
スタッフが「○番乗り場に移動してください」
と声をかけてくれるので流れに身を任せれば良い。

また、特に日の出桟橋のスタッフは優しく、
丁寧に説明してくれるので非常にありがたい。
混雑する時間帯など質問したが、嫌な顔せずに
爽やかに答えてくれた。

乗船できる船は”運次第”でどの船になるかはわからない。
(大人気のホタルナの場合はネットの時刻表に表示がある)

ただ、どれに乗っても快適なので
個人的には当たりも外れもない。

予約について

土日や混雑時期、ホルタナを狙う場合には
予約する事もできる。

こちらからスマホ予約ができますが、
予約の際にはスマホがチケット代わりになるので
スマホ忘れ&充電切れには要注意。

GOZABUNE御座船安宅丸

また、最近では徳川家の巨船として
御座船安宅丸という面白クルーズが出航している。

日の出から出ているお食事クルーズが最高だった

スポンサーリンク

シェアする

フォローする