【メイロイドすすむ】人気がないぞ!可哀想なので買ってみた感想!

トイザらスで低価格のロボットを見つけ
子供が食いついた。

ROBORATORY(ロボラトリー)、
CCPとの記載がある。始めて見た会社名だ。

低価格ロボットは、性能の限度があるのは
もちろんだが、子供が成長していく上で
あっても困らないおもちゃでもある。

箱の説明を読むと、
・声の録音できる
・迷路を進む事ができる。
(迷路→メイロイド)
・ダンスをする
・スマホで操作ができる
(アプリのダウンロードが必要)
など、3000円以下でなかなか遊べそうだ。
特に大きな紙で迷路を作るのも楽しそうだ。

だが、念のため
感想やクチコミを調べてみました。

Twitterで体験談を探す

”みんなの感想”を探すために、Twitterで
検索してみました。

しかしながら、メイロイドすすむという単語で
ヒットしたのは18件だけで、その全ては
購入した報告ではく、”発売開始”などの
メーカーの宣伝を報告しているものしかなかった。

!購入して報告している人が0人

Google検索の場合はどうか?

Twitterの世界は狭いのかもしれないが
それならば”ネット”の感想はどうだろうか?

しかしながら、検索の場合でも
自宅で遊んでいる画像がでてこない。
全てが宣伝用の画像ばかりだ。。。

その後は、
メイロイドすすむ 買った
などで検索しても出てこない・・。

誰も買っていないのか?

Amazon&価格コム

ちなみにAmazonでも価格コムでも
評価コメントは0

誰も買っていないのか?

スポンサーリンク

なぜこんなに売れないのか?

世の中は、有名人が崇められるように
”有名になる””稼げる”システムだ。

映画が売れるのも宣伝の力が大きく
ラーメン屋が1回のテレビ宣伝で
一時的ではあるが繁盛する事もある。

という事は
販売するメーカーが無名なのか?
宣伝不足なのか?

シー・シー・ピー(CCP)

メイロイドすすむを販売しているのは
シー・シー・ピー(CCP)という会社であるが、
調べてみるとバンダイの子会社という事がわかった。

シー・シー・ピーはロボット玩具の
ロボラトリーというシリーズを手がけ、
ロボット市場に参入したが、第一弾で
いきなりつまずいたようだ。

様々な商品を手がけているので、サイトを見たが
メイロイドすすむの写真はすぐに見つからない位置にあり
あまり力を入れていないようにも見えた。

ロボラトリーシリーズは3種
・メイロイドすすむ
・シャベロイドまるお
・シャベロイドかくぞー

トイザラスでは全く売れている様子はなかった・・・

誰も持っていないので買ってみた

感想が一つも出てこないので
「自分がクチコミ第一号になろう」
購入を決めた。


なにより、子供が異様に欲しがっている。

すすむくんを開封


すすむくんは、最近のおもちゃでありがちの
関節等が紐で固定されているので、
引っ張らないようにハサミで丁寧に取り外す事が必要だ。

動力は電池で、単四乾電池2本を使用する。

胸の位置には3段階スイッチがあり
左から、操作用 オフ 迷路用となっている。

肝心の迷路を楽しむ

メイロイドの動きは、あえて昔のような、
「カシャンカシャン」というような
ぎこちなさを演出していて可愛い。
(スターウォーズのC-3POのような雰囲気)

箱には、迷路が2種(表裏)同封されていて
いきなり楽しむ事ができる。

自作の迷路で楽しみは無限大

また、どのくらいの反応があるのか?
以下のように急カーブを作ってみましたが、

小回りはきかないようで、
この場合はすぐに脱線してしまった。

!迷路は大きく緩やかに書こう!


大きな紙を使い、カーブを緩くすれば
脱線する事なくおりこうさんに周回してくれる。

アプリのダウンロードで楽しむ

また、アプリをダウンロードすれば
(iPhoneもAndroidも使える)
走行操作やダンスを踊らす事ができる。

ただ、この機能は正常に動かない。
1~6の数字のダンスはできるが、
前後左右のラジコンのように動かすカーソルが
ほとんど役に立たなかった。

このあたりは雑に作られているのかも知れないので
リモコン遊びは既にやらなくなった。

※リモコンは音に反応するため、
音量を上げてロボットに近づけて操作する必要がある。

まだまだ、2日しか
メイロイドすすむを試していませんが、
子供も喜んでいましたし、
今回の買い物は大成功でした。

メインは迷路作り声の録音
そして放置していても、
見た目が可愛いので満足しています。

今後子供が飽きてしまったら、
私の部屋に飾ろうと思います。

メイロイドすすむの感想おわり

スポンサーリンク

シェアする

フォローする