【血管を強化する方法】医者には任せられない方に

最近は、健康寿命血管年齢など
新しいキーワードを使うようになった。

特に高齢に近づくと気になるのが血管の健康状態。
血管が退化すれば脳梗塞、心筋梗塞、
脳内出血等のリスクが出てくるのは皆さんも承知の通り。

血管が弱ったり、血液の通り道が狭くなれば
血液が詰まったり破れるなどの事態は誰でも予想ができる。

とにかく、我々が解決したい事は
血管を丈夫にする方法”だ。
ここでは多方面から血管強化の対策を集め
最終的に何をすれば良いのか?まとめてある。

そんな事は知ってる!
よく言われている事

良く言われている事は、以下のような注意事項だ。
・過剰な糖質を控えなさい
・過剰な脂肪を控えなさい
・タバコを控えなさい

しかしながら、こんな事は誰もが知っている事で
大雑把過ぎるので何の対策にもならない。
すべてを控えても血管は退化します。

!一歩踏み込まないと血管は改善しない!

!痩せの小食なのに高血圧も場合がある!

タバコは血管を退化させるのに最適

タバコを吸うと毛細血管が退化する

タバコを吸うと血管が縮み、
血液の流れが悪くなる現象が起こる。

血液の流れが悪くなれば毛細血管まで血液は届かず
その長さは短くなってしまう。

毛細血管の退化は、白髪化や冷え性などで表面化してくる。

!喫煙者の白髪率は高く、血管退化が見た目でわかりやすい!

禁煙が成功した後に”めまい”を発祥する方も存在する。

毛細血管を意識する人々

我々は健康の時には
体内の事は気にせず生きている。

普段から毛細血管の状態を考えている人は
一部のダイエッター、健康マニアなど限られた数になる。

「私はお風呂に浸からない!シャワー派だ!」
と風呂を否定する方がたまに存在するが、
おそらく毛細血管の重要性を考えた事がない方だろう。

毛細血管の増加と退化

単純に毛細血管の数が多ければ、
体内の血液がよく巡っている事になる。

例えば、
若い頃は元気に動いていた女性が、
家事を優先するあまり行動力が無くなり、
いつの間にか冷え性になっている場合がある。

!動かないだけでも毛細血管は退化する!

スポンサーリンク

毛細血管の退化は老化に直結

実は、毛細血管は年齢と共に
(何もしなければ)その数は減ってしまいます。

毛細血管が減ってしまう影響は予想以上に大きく、
分かりやすい部分では、肌に酸素と栄養が届かず、
より老けて見えるようになる。

これは特に毛細血管が退化しやすい
タバコを吸っている人に多い現象で
シワが増えたシワが深い白髪など
わかりやすい血管退化が表面上から見て取れる。

これはダイエットにも共通して言える事で
運動をしない+食事だけのダイエットをすると
体内では血管退化(毛細血管縮小)栄養不足に陥り
やつれたような痩せ方になる。

!血管退化ダイエットをしている人は多い!

ダイエット中には、たんぱく質を”毎日”摂取する事が必要。

毛細血管の割合を知ろう

血管の中で、静脈 動脈 毛細血管があるが、
毛細血管の占める割合はどのくらいだろうか?

正解は
毛細血管は血管の99%を占めている。

酸素と栄養を体内に回してくれる毛細血管が
血管のほとんどを占めているとは多くの方が知らない。

放置すれば減る

そしてこの毛細血管は、
何もせず放置すれば、その数は減り
60代以降は4割程度減ってしまうと言われている。

更に、血管の外壁が弱まってくるというのだから
同時に血管も強化しなくてはならない。

!毛細血管を増やすしかない!
!毛細血管を強化する!

食事面の血管強化とは?

血管を強くしたり、血液の流れを
良くするにはどのような食材が必要なのだろうか?

私は20年前から血管を意識していたが、
昔からあった情報で、ビタミンEは
・血管の老化を防ぎ血流が良くなる
・血中悪玉コレステロールの抑制
・血管の壁を守る
などの情報はいつまでも頭の片隅に残っている。

このような事から、情報不足の当時は
牡蠣、ピーナッツ、アーモンド、卵黄などを食べると良い
各健康雑誌に書かれていたものだ。

現代の栄養摂取法

そして、現代になると情報が増え
ビタミンE以外の物で効果を狙う考えが増えてきた。

海草
・血圧の上昇を防ぐ生ワカメ。
(カリウムが豊富だからという理由の為
トマトやキュウリでも代用できるだろう)
※塩漬け生ワカメは塩分に注意
・大豆とワカメの最強コラボである豆腐の味噌汁で高血圧予防。
・低カロリーで食べやすいのがワカメ酢。

※豆腐と同時に摂取するとヨード過剰摂取を防ぐ事ができる。

豆腐
・血管に付着するコレステロールを取り除く、
 善玉コレステロールを増やす。
・高血圧の改善が期待できる。
・血管の老化を止め若返らせる。

納豆
・納豆に酢を入れて食べると高血圧対策になる。
・含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かすと言われている。
・眼の周りの血管の流れを良くする。
(疲れ目、網膜血管閉塞症、チラつき、失明予防)

以上のような情報が、テレビなどで
(林修の今でしょ講座 たけしの医学)
普通に発信される時代になった。

たんぱく質不足が落とし穴か?

また、高齢者の4人に1人が栄養失調と言われ
体を作るたんぱく質の摂取が低下しているデータがある
高齢なると肉を食べる頻度が落ち、たんぱく質不足が現れる。

ただ、たんぱく質は肉だけではないため
上記の豆腐納豆も十分なたんぱく質が含まれているので
ご飯味噌汁だけではなく、豆腐や納豆を加える事がおすすめだ。

医者は信用ならない?
父が高血圧と血管関係で入院した事があるが、
病院食では納豆と豆腐が一度も出なかった。
専門バカと言われる偏ったタイプの主治医になると
薬だけで誤魔化されて終了だ。
病状を治す事プラス、それ以前の
対策をする意識がなければ完璧な治療にはならない。

運動面の血管強化

1日5時間以上座っている人は
寿命が縮むと話題になったのは記憶に新しく
スタンディングワークを始める人が増えた。

また、1日30分~1時間以上歩行している方は
脳梗塞や心筋梗塞のリスクが減る事
世の中ではデータ化されている。

なぜ運動が良いのか?

単純に運動が良いと言われても
多くの方がピンと来ないだろう。
その原理は以下の通り。

運動をする

副交感神経の働きが高まる

リラックス状態の期間が長くなる
(血管が緩み血液が流れる、血圧低下)

血液が固まりにくくなる
(毎日動けば血管が詰まりにくい状況が継続する)

海外ではマジックピル(魔法の薬)と形容されている。

昔から”怒ると血圧が上がる”
”キレて倒れる”など言われるが、これは間違っていない。
怒れば血管が収縮し血液の流れを悪くしてしまう。

!むやみに怒る癖がある方は要注意!

!”副交感神経の働きを高める事”はリラックスに繋がる!

血圧を測っているだけの現状

多くの病院では、
毎日老人が血圧を測っている。

個人的な考えではあるが、
毎日数値を確認しても数値が下がるわけではなく
圧迫による悪影響の方が強いと考えている。

!測る事で安心している現状!

高血圧が気になるなら、
薬に頼らず、まずは食べ物と運動による
相乗効果を狙ったほうが近道だと考えている。

意味がわからず薬を飲ませれているだけでは
根本的な治療にはならない。
まずは最善策を尽くしたのちに
最終的には、サプリや薬に頼るのが順番だろう。

運動は小刻みが有効

実は、週1回の運動はほとんど効果がない。
ダイエットも筋トレも、血管の為にも
週1回の運動はほとんど意味がないのだ。

!週末ジムよりも毎日の散歩!

過度な運動は必要はないが
簡単な始め方としては

・晴れの日は散歩
・雨の日は自宅でラジオ体操等
以上のような意識で、軽い運動を
習慣づける事が大切だろう。

血管を強化するサプリはどうなのか?

最近では、血管を強化すると想像させるサプリが出回るようになった。
慌てて飛びつくのは簡単だが、サプリには怖さがある。
その怖さとは手抜きと安心感だ。

サプリで怖いのが、
「飲んでいれば安心」の状態になり
その他の事を努力しないサプリ便りになってしまう事にある。

現に私の父親は、サプリを始めると
どんどんサプリの数が増えてしまった。

個人的な考えでは、サプリなどよりも
今まで説明してきた食事面運動面
意識する事が最優先だと思っている。
(サプリはあくまで補助)

父親の例では、目の周辺の血流促進、
高血圧、血管強化をしたいがために、
治療と進行して乾燥納豆を摂取する事と、
リハビリ室での30分のウォーキングを勧めた。
体調は上向き、手術と医師から言われた事もあったが
現在は手術する事無く退院に向けて回復している。

国産乾燥納豆1kg (250g×4袋) 送料無料 国産大豆使用 フリーズドライ製法 【コンビニ受取対象商品】

個人的には、最近はサプリに疑問を抱くようになった。
なぜならサプリメントは添加物を含んでいるからだ。

よく、芸能人が”朝はサプリだけ”
”朝はサプリとプロテインだけ”というような
いかにも健康そうな生活をしているブログを見かけるが

最近の私は、”通常食”と”無添加”を
より重要と考えるようになった。
現に、時代の先を走る武井壮さんは
あれだけの体を持っていてもプロテインを飲んでいない。
自然に無い物は取り入れず、健康体を手に入れられる事を身を持って示してくれている。

やはり、食事と運動を中心に考え
その補助としてサプリや薬を利用するのが正しい道ではないだろうか?

自分で管理する時代
誰も信用できない

病院で受診を受けても、
最近は適当な診断が増えている時代だ。
特に高齢になると「年だから」で済まれる事も増えた。

父親には3つの病院に行かせたが、
2ヶ所は適当にあしらわれ、3つめの病院で即入院となった。
!病院の診察なんて雑に過ぎない!

医者の意見全てを信じてしまえば後悔する事もある。
専門用語を知っていても今回のような対処法を
理解していない医者も多いのが現状だ。
(見当違いの診察と検査と処置)
現代は調べれば自分で情報を集められる為
後悔しないためにも最低限の情報は自ら確保する姿勢が必要だろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 松草史朗 より:

    高血圧、血管関係で入院しているにも関わらず
    ワカメ、豆腐、納豆、何一つでない。
    医者なんて勉強バカで融通が聞かない。

  2. 信に恨みを晴らしたい より:

    何だかんだで、健康のためには
    納豆とヨーグルトを食べればよさそう