シンフォニークルーズでバイキングを食べてきた感想!

日の出(港区)から出航している
シンフォニークルーズは良心的な価格。

今年で30周年を迎え、今もなを人気があり
はとバスツアーの定番にもなっています。


約2時間の船旅をしながら、食事ができるお手軽クルーズは
ファミリーにもデートにもピッタリ。
気楽に利用する事が出来ます。

個人的には、4回目の利用と
とても気に入っているクルーズです。

ランチバイキングが安い

ランチになれば5800円という低価格で
クルーズ+バイキングを楽しむ事ができる。


また料理は幅広く、フランス料理、
イタリア料理、和風懐石と高級バージョンも存在する。

予約はネットから簡単

予約は公式サイトから、混雑状況を見て空席を確認できる。


決算方法は、現地決算、クレジットカード
コンビニ決算(振替用紙を送ってくれる)と揃っています。

私の場合は、毎回コンビニ決算で、
振込用紙を送ってもらいます。

!近くのコンビニで決算できるので簡単!

スポンサーリンク

乗船までの流れ 時間厳守


乗船手続きがあるので、出航30分前には
到着しておくと何かとスムーズです。

30分前にチケット引き換え、
20分前から乗船開始となるので、
遅れてしまうとスタッフに迷惑をかけてしまいます。


乗船時間になるとスタッフによる
呼び出しが行われます。


チケットに印刷された部屋名(エンペラー)
が呼ばれたら、船に乗り込みます。

バイキングのフロア案内

基本的には大きなスペースのある場所は
バイキング場として利用されます。

船の年季は入っていますが、
スタッフの丁寧さと清潔さは100点。
外の景色が見えるように、室内は薄暗くなっています。

土日祝日になると座席も増えて混み合いますが
平日の場合は非常にゆったりとした空間で食べる事が出来ます。

!窓際になる確率は高い!

バイキングの内容

バイキングの内容は、種類は豊富で
5つの大きなテーブルを利用していました。
和洋中取り揃えていますが、それぞれのクオリティーは低いです。

しかしながら、清潔感とサービスは最高で、
クルーズ込みの価格で5800円は安いと思いますね。

以前はフルーツもありましたが、
スイーツコーナーは、ミニケーキがメインとなっていました。

また、安いだけにアジア系のお客も多く
大声の会話でうるさい場合があります。

今回は、うるさい中国人のお客が
立ち入り禁止の場所まで足を運び、
携帯を充電しているのを見てしまいました。
(呆れたスタッフは見ぬふりをしていました)

お国柄、悪気は無いようですが、
色々と常識は違うようですね。

食事は早く切り上げるとお得!

食事時間は長く確保されていますが、
実は”羽田空港を見るのが楽しい”ので、
折り返し地点までに食事を済ませるのが最大のポイントです。

多くは羽田を過ぎてから甲板に上がるので
早めに食事を終えると楽しめます!

!羽田空港を見忘れないように注意!


羽田空港付近では、2~3分おきに
離陸する飛行機を見る事ができるので圧巻です。
同時に着陸の迫力も楽しめます。

隠れミッキーを探せ


早く食事を終えれば、まだ甲板は貸し切り状態です。
早い段階で撮影を済ませましょう!


とある場所には、隠れミッキーがあります。
探してみてください。

船内の案内

船はB1~5階で構成され
トイレが3フロアに存在し綺麗に掃除されています。

個室のドアには、揺れ対策として
磁石が使われていたり、アイデアが組み込まれていました。
特にトイレの清掃は素晴らしくとても気持ちが良いものでした。


2階エントランス部分(乗り込み口)
また、3階には小さいお土産屋もあります。


和風懐石やフランス料理も良いですが、
航海時間が2時間しかないため、景色を堪能したいのであれば
バイキングで手早く済ませてしまうのも攻略法の1つでしょう!

今回は親戚の方を招待しましたが、
とても喜んでくれました。

シンフォニーの隣からは、浅草やお台場海浜公園に行ける水上バスが出ているので便利!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする