子供に付き合う拷問灼熱地獄のスタンプラリー山手線一周編

なぜか子供が押したがるスタンプ。
付き合う大人はとても辛いが、
子供はスタンプを押す事に異様な執着を見せるから不思議だ。

残念ながら、子供がJRにある
77個のスタンプラリーを見つけてしまった。
どうやらこれは夏だけでなく常設のようだ。

夏はポケモンのスタンプラリーがあり、
様々なスタンプ企画は親にとって迷惑でしかない。
東京メトロやJRはスタンプラリーを廃止してほしい(切実)。

何より厳しいのは東京の人口密度

日頃から長距離散歩をしている私の場合は
辛いのは疲労ではなく、人口密度だ。

特に、渋谷新宿品川などの人の多さは
人間嫌い&電車嫌いの私にとって非常に苦痛になる。

東京に住んでいても東京は苦手だ

だが、子供の為なのでやるしかない!

スタンプは勉強になるのか?

そもそもスタンプは
あまり勉強にならないと私は思っている。

日頃から川沿い散歩などをしていると、
様々な発見があるが、1日券を使ったスタンプ巡りでは
駅名や電車の乗り方を覚えるかも知れないが
やはり得る事が少ない。

都区内パスを使って出動!

山手線沿いを歩くついでにスタンプを押すのも考えたが、
現在気温が35度あるため、電車に乗り
一気にクリアする事に決めた。
今回は山手線一周を一撃で済ませる!

都区内パス1日券の価格
大人750円 子供370円

スポンサーリンク

山手線一周の時間は?

山手線一周は約60分だが、
各駅停車でスタンプを押すとなると、
思ったより時間がかかり、3時間30分を要した。

外回りにて攻める事に


丸く巡回している山手線なので
内周り外回り、どちらでも構わないが
今回は外回りで進む事に決定!

全てを日陰で進める事ができるが、
風通しが悪く、十分に熱気と湿気を感じ
なかなかの不快だった。

さらに多くの人が押し寄せるので、
子供も精神的に疲れたようで後半はかなり参っていた。

子供「田舎を散歩する方が楽しい」

子供であっても容赦なくタックルされる
山手線の戦いは、子供にとってはかなりの疲労になるのだ。

特に、駅が狭いにも関わらず
人間が多い駅は接触事故が増える。

五反田駅なんかはそれが顕著で
駅に注意を張り出すほど接触事故が多発する地帯だ。

浜松町駅


浜松町駅では、珍しいホームの優先席。

日暮里駅が綺麗


日暮里駅が綺麗で、にゃっぽりという
ゆるキャラがなかなかの可愛さを見せていた。

駅の床にもにゃっぽり

パンダ焼きに遭遇

御徒町駅では美味しいパンダ焼きに遭遇。
本日のお土産がゲットできた。

大きさを揃えて欲しい


各駅の改札では、
スタンプ台紙を貰う事ができるが、
残念なのは、白黒であったり大きさが違う事だ。
まとまりにくくスッキリしない。

特に、代々木御茶ノ水が大きい。。。
お手ごろのクリアファイルに入れようと考えていた子供は
これを見たら落ち込むだろう。

やる気のある駅はカラー印刷


やる気のある駅は台紙をカラーで印刷してくれるが、
手抜きの駅では白黒コピーを渡される事になる。

中でもスタンプだけではなく、
右下にゆるキャラが描かれていると子供の喜びも倍増する。

とにかく安定の駅員に感謝

とにかく安定しているのが、駅員さんの優しさだ。
子供がスタンプ台紙を貰いに行っても
嫌な顔せずに渡してくれるのはありがたい。

駅員さん自身も子供の頃は
スタンプを集めていたのだろうと思うと心が和む。

スタンプの設置場所一覧
山手線(外回り順)

高田馬場 早稲田口改札を出て左
目白 改札を出て左
池袋 南口
大塚 南口
巣鴨 改札を出て少し進み左に曲がる
駒込 北口を出て右
田端 北口を出て左
西日暮里 改札を出て右
日暮里 北口 改札正面
鶯谷 南口 改札前
上野 中央改札出てすぐ
御徒町 北口改札付近
秋葉原 中央改札を出て左前
神田 南口および北口 改札前
東京 丸の内南口
有楽町 銀座口改札すぐ横
新橋 烏森口前
浜松町 南口
田町 北口改札
品川 中央口目前のみどりの窓口内
大崎 北口
五反田 改札出て左に曲がる
目黒 中央改札
恵比寿 西口改札出て左 みどりの窓口内
渋谷 南口 みどりの窓口内
原宿 表参道口改札左前方
代々木 西口改札出て正面
新宿 南口みどりの窓口内
新大久保 改札を出て左(券売機前)

※2018/7/7の設置状況です。
設置場所の変更がある可能性があります。

今回でスタンプは卒業

よほど電車が好きな子供でない限り
スタンプに時間を費やすのは勿体無いと感じた。
次回からは(様々な発見がある)外を歩く散歩へ戻る事にする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする