あれ?ウェザーニュースが後出し予報してる件【天気予報】

天気の確認に欠かせないweathernews
スマホに表示される予報はとても便利で、
特にau利用者であれば無料で使う事の出来るありがたい情報だ。

特に、塗装工やアンテナ設置などの業種の方は
天気予報はとても重要な情報だ。
予報によっては工事日を変更する事もある。

あれ?予報が変わってない?

ただ、前回と違う予報に変えられている場合
を良く見かけるので、違和感を感じる事がある。

例えば
朝は最高気温31度の予報
午後に再確認すると34

前日(22:45)は晴れ予報
当日(8:02)はに変わっている

などの、後出し的な感じを受けたので
気になって調べてみました。

後出しを感じている方は
私以外にも存在した。

ウェザーニュースって頻繁に天気が変わりすぎる。
後出しジャンケンな感じだ。
最近は予報を信じて出かけて困る事が多い。
ウェザーニュースは晴れ予報が外れて
実際に雨が降ってきてても意地を張ってしばらくは
数時間の晴れ予報を変えんと突然雨予報に裏返す
「後出し」を平気でするから俺の中での信用度は低い。
ウェザーニュースの後出しみたいな予報も勘弁して。
予報ぢゃない w
やっぱり雨降らない。。
ウェザーニュースの予報もいつのまにか「曇り」になってるし。。
後だしジャンケンだ。

スポンサーリンク

後出しは歓迎だった(納得)

後出し予報は実は大切な事で、
仮に予報だけで押し通していたら
現状の天気が伝わらない”ので、より不便に感じるだろう。

そもそも天気予報なのか?
リアルタイム速報なのか?

そもそも、ウェザーニュース自体は
予報なのか?リアルタイム速報なのか?
その方向性が気になるところだ。

実際に、
ウェザーニュースを調べてみると・・・

トップページでは
天気予報を進化させる気象サイト”と説明がある。
なるほど、これならば後出し(リアルタイム情報)であり納得だ。


ただ、他のページでは
当たる天気予報でおなじみ”という表記もあったため、
違和感を感じてしまうのではないだろうか?

二刀流だった

もちろん翌日の天気の表示は
当然ながら100%予測になる事から
(まだ当日になっていない)

翌日の天気→予報
当日の天気→リアルタイム情報

以上の二刀流による、
天気情報サイトというのが正解だ。
利用者的にもこの方法(現状を知る事が出来るので)がベストだろう。

従って天気の確認は、前日だけでなく
当日も念のため確認する事が必要になってくるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    わかる