【小江戸号】レッドアロー号 本川越行きに乗り新河岸川の起点を見てきた

西武新宿駅から本川越駅を45分で結ぶ
レッドアロー号(通称小江戸号)。

平均1時間に1本の割合で運行していますが
乗り心地は新幹線レベルで快適です。

方道大人1000円(乗車賃込み)で
全席指定になるとは快適過ぎます。


今回は高田馬場駅本川越駅間を乗車します。

乗る前に重要な事

レッドアロー号に乗る際に
一番注意する事は、乗り場を間違えない事です。

ホームは正しくても、7両しかないので
他の通常列車よりも短く下手をすると乗り遅れます。

赤色の案内場所で待機しよう!

土日が穴場?

平日でもその価格は安いため、
通勤で利用する人は多い。

時間帯によっては、
土日であっても、このようにガラガラの
貸し切り感を堪能できます。

!大人1000円子供500円は安い!

レッドアロー号(小江戸号)の停車駅は
西武新宿ー高田馬場ー東村山ー所沢ー狭山市ー本川越の6駅

出典:西武鉄道時刻表
45分の快適な旅ができます。
トイレは1両目と7両目のみに存在。

スポンサーリンク

チケットは簡単に買える

切符購入は、場所にもよると思いますが
西武新宿や高田馬場では自動改札で買う事ができました。
また、本川越では自動改札が混んでいたので良く見えなかったので
窓口にて直接購入しました。

また、時間が無く切符を買わずに乗り込んでも
車内で購入する事が可能です。
(その際は+200円)

座席指定が可能に


最近では座席指定も出来るそうで
案内シールが貼られていました。

チケットサービススムーズはこちら
特急レッドアロー号の特急券、または
S-TRAINおよび拝島ライナーの指定券を購入できます。

川越の街は若者に人気

以前までの川越のイメージは
40代以上のお客さんが多いイメージでしたが
現在は20代のお客さんが増えてきました。
(夏休み前にも関わらず若者が多い)

本川越駅から300mほど歩くと、
蔵作りが見えてきますが、若者が非常に目立ちます。

昔と変わらないのが、歩道の怖さで
歩道からお客さんが溢れて非常に危ない。

川越の街も観光客を減らさぬように、
公衆トイレの増設喫茶店の増加
近道の誘導(近道の間に喫茶がある)など
できるだけお客さんに来てもらう工夫をしています。

ただ、見学場所の規模は小さく、
時の鐘菓子屋横丁などすぐに見終わってしまうので
丸1日楽しむ事はできません。

あんみつや、トリックアートなども
楽しみながら散策すれば、4時間程度は楽しむ事ができるでしょう!

今回は夏の為、寄れませんでしたが
付近の温泉を経由するのも一つの方法です。

ただ、規模が小さいだけに良い事もあります。
それはディズニーランドなどの場所よりも全然気が楽という事です。
いくら混んでも限度があり、苦痛ではありません。
ある意味川越は、混雑に疲れた人が集まっているのかもしれません。

今回の散策コース

今回は、子供おもてなしコースで
トリックアートあんみつ休憩新河岸側起点見学
という子供が希望したルートでした。

トリックアートの感想はこちら
おいしいあんみつはこちら

新河岸川起点を目指す


新河岸川の起点は本川越駅から400m程度の距離にあります。
繁華街とは正反対なので、非常に静かな雰囲気です。


子供は、この新河岸川起点の石碑が見たかったそうで大満足の模様。


起点の反対方向を見れば
子供「これが隅田川に繋がるのか・・」と一言。


おまけに、カルガモ一家も見れてラッキー。

川越散歩はアリ

川越滞在は3時間程度でありながら、
特急の往復も楽しいため、非常に喜んでもらえました。

日頃から満員電車に乗っていると
たまにこのような貸切り感はとても気分が良いものですね。
混み過ぎない川越散歩は気楽で最高でした!

川越のトリックアートの感想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする