ステーキNo.1が美味しいのか確かめてきた♪高田馬場店

早稲田大学生が往復する早稲田通りに
ステーキNo.1がオープンしました。
(高田馬場店)
店舗は北新地、四谷、日本橋、高田馬場の4軒

高田馬場付近には、学生が入りやすい松屋
ラーメン屋やよい軒などが並びますが、
少し畏まった作りのステーキNo.1は違和感がありますが
肉好きとしては非常に気になる存在です。

果たしてこの場所で成功するのか?
非常に気になりますね。

アメリカンタイプ

メニューを見ると、
和牛ではなくアメリカンタイプで
殆どのメニューは外国の肉を使用している。

メニューを見る限りでは、メキシコ、アメリカ
オーストラリア、国産の4種を使用しているようです。

出典:ステーキNo1公式
基本的にランチとディナーの内容は同じで、
ランチタイムの場合はライスとスープがサービスで付いてくる違いがあります。
メニューはとても見やすい。

価格的には、最低価格が980円(200g)で、
フィレになると2480円(200g)と学生街という立地を考えると高めの設定。

いざ!入店

お盆真っ只中の(穴場の)時期に視察してきました。

入店時には、入口前で可愛い店員さんが
自動ドアを開けてくれる優しさからスタートし
学生街では考えられないサービスの良さを感じました。

座席は、1人客の為のカウンター複数人席テラス席と多様です。

座席には、目の前にフォークやナイフが入った
樽状の入れ物がお洒落に置かれています。

まず配膳される水は、レモンの粒が浮いていて
水にまで気を配っている事がわかりました。

昭和の頃は水にレモンが入っているだけで
お洒落という時期があり、懐かしい気分になります。

ホールの女性スタッフは多く、雑ではなく
常に周りに気を配っているのは好感が持てますね。

スポンサーリンク

あえて赤身ステーキ

今回は、あえて一番安い赤身ステーキを選択。
300グラム(1430円)に増量して注文しました。


注文直後には、具沢山のスープがすぐに届き、
エプロンを渡されます。

これは白いシャツを着る
サラリーマンにはありがたい配慮です。

特製ソースが懐かし美味い


赤身ステーキ(メキシコ産)

赤身ステーキは無駄な脂身がほとんど無く、
パサ牛(パサパサ系の肉)が好みの方にはドストライクでしょう。


ミディアムで届いた肉を、焼石で焼くというスタイル。

味付けは基本、塩胡椒されているので
そのままでも美味しいのですが、
卓上には、岩塩、スパイシーソルト的な物と
ステーキNo1ソースというオリジナルソースが置いてあります。

このソースはしっかりと管理されていて
一組ごとに、拭き掃除+詰め替えをするので
常に綺麗な状態でテーブルに置かれています。

その姿勢はもはや、学生街を越えて
気を使えるレストランレベルです◎


場所柄、勝手に「高い」と感じてしまうかも知れませんが、
帰りにはレストランの味をリーズナブルに食べれられる店という意識に変わりました。

清潔感がありスタッフのサービスが良く、
昔ながらの黒胡椒の効いた”外国産の肉”が懐かし美味い!
清潔感とサービスは本当に素晴らしいものでした★★★★★

アクセス

ステーキNo.1 STEAK THE FIRST
住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目1-1 センテニアルタワー
営業時間:11時00~23時00
電話:03-5291-6765



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. マーシー より:

    クソガキが来なくていい!
    最高や!