懐かしい「糸ぐるま」を見つけたので昔と比較してみた。

久しぶりに糸ぐるまを見かけ、
懐かしく思わず入店してしまいました。

糸ぐるまと言えば、安い甘味とあっさりラーメンのイメージで
バイト時代のお金の無い頃に重宝したお店です。

糸ぐるまがまだ残っていたとは感慨深い

当時の糸ぐるまは、
ソフトクリームを使った甘味
細麺を使ったあっさり醤油ラーメンで人気がありました。

当時は、出汁に拘る時代ではなく
汁そば感覚の、甘味のお口直し感覚
あっさりラーメンを楽しんだものです。

歴史を調べてみたが・・

糸ぐるまの歴史を少し遡ったところ、、
創業した会社は既に無くなっており
社名変更→合併→買収を繰り返し
現在はアンドモワという会社が経営しているという。

簡単にまとめようと考えましたが、
歴史は長く・・複雑すぎて諦めました。。

とにかく!
以前の味からどのように変化したのか?
実際に食べてみて、記憶を頼りに当時と比較してみましょう!

懐かしい内装


店構え&内装は当時と変わりません。
和風で癒される空間です。

価格は当時のように安めに設定され
その特徴は継承されています。

スポンサーリンク

メニューの変化

以前と違うのはラーメンメニューが増えてい事でした。

当時は醤油だけ(味噌もあったかな?)の記憶で
低加水麺だった記憶があります。

醤油ラーメン、煮干しラーメン、
ちゃんぽん、味噌ラーメン、つけ麺と
様々な味が増えています。

ノーマルつけ麺に至っては、
(夏のサービス価格で)大盛でも500円という優しさ!

!つけ麺がワンコイン!

相変わらず値段は控えめ、とにかく安い!


甘味は、あんみつ系、パフェ系、クレープ系と種類が多い。
ソフトドリンクは249円(税抜)。

煮干しラーメン599円(税抜)


シンプル醤油ラーメンに、
煮干しを細かく砕いて混ぜたようなスープ。
シンプルで具も揃っており、599円とありがたい。

気になったのは麺で、以前よりも太くなり多加水に変更されていました。

糸ぐるま特有の細麺は消えていた!

ただ、これは時代の変化で
一昔前に太麺が全盛になった影響かもしれません。
(変わったというよりも進化と受け止めたい)

タンメン649円 餃子&香りご飯セット277円


タンメンは日高屋の少しコクを軽くしたタイプで
普通に美味しく食べられる。

また、餃子はスーパーにあるチルドタイプに似ている。
(皮がツルツル油をはじくタイプ)

濃厚つけ麺649円(税抜)

濃厚つけ麺は、以前流行した
濃厚魚介タイプで、それなりに美味しく仕上がっている。
また柚子が入っているのも当時を思わせる。

脂多めのバラチャーシューと
メンマなど具もケチってはいない。

また、麺はラーメンとは違い太く設定されていて
こちらもまた多加水になっている。

これだけの豊富なメニューを管理し
それぞれ及第点以上のレベルを維持しているのはさすがだ。

また、変にくどくないので女性に人気
ラーメン+甘味を楽しむお客さんが多い。

!女性一人でも入りやすいお店を維持していた!

昔デパートで食べたラーメンの味を未だに覚えてて、
まだあるのか調べたらあった。
高崎スズランの糸ぐるま、
京ラーメンだったのか。懐かしい……。
京風ラーメンというと私は
”糸ぐるまラーメン”というものがあったような気がする…
なんか素朴というか懐かしい味がするというか…
本格派を求める人は、「糸ぐるま」はちょっと違うと思うよ。
甘味処で食べるラーメンだからさ、私は美味しいと思ったけどね。
高校生の頃の懐かしい思い出の店なんだよ。

チョコバナナクレープ


昭和感のあるシンプルなチョコバナナクレープ
中にはスポンジと生クリームが入っており、
いわゆるバナナオムレットですね。
クレープメニューは300円台と、これまた庶民に優しい価格になっている。

懐かしかった 京ラーメン糸ぐるま!

20年ぶりに訪れた糸ぐるまは、当時と変わらぬ雰囲気で懐かしく
麺は変わりましたが、少しだけ自分を昔に戻してくれました。

ラーメン専門店とは違う、
甘味も食べれるのんびりスペースは今後も継続してもらいたいですね。
ごちそうさまでした。

アクセス

京らーめん 糸ぐるま 浦安西友店
住所:〒279-0002 千葉県浦安市
北栄1-13-25 西友浦安店パート2
時間: 11時00分~21時00分
電話: 047-350-3121

スポンサーリンク

シェアする

フォローする