【時間の】パチンコをやめたい方は1パチを打とう【無駄】

4円パチは→お金の無駄
1円パチは→時間の無駄

と例えられる世界だが、
実際はどちらもやらない方がいい。

打っている時間はとにかく無駄になる

ちょいパチも甘デジもハマる現実

パチンコの確率というものは非常に恐ろしい。

1/99であれば簡単に引けそうに思えるが、
グラフを見れば頻繁に分母を越え、
500回転近いハマリもよく見かける。

「ちょいパチ(1/39)で100回転越えた!」
という報告は多く、それを考えれば
餃子の王将綱取物語ダイナマイトキングでの
2.3倍ハマリは当たり前の事なのだ。

ダイナマイトキング66回転ハマリからの
はいさいチャレンジスルーして心砕かれて帰宅しました。。

稀に、甘デジは早く当たる事もあるが、
平均すると1/99に近くなるという意味で
1回当てる為に平均99回ハズレを見なければならない遊びになる。

初めて真剣にちょいパチと向き合うも7倍ハマリ
ちょいパチって確率のお勉強にもってこいやなぁ。
毎週毎週レアなことが起こるわ。
4倍ハマリ~1.5倍ハマリ~3倍ハマリ~4倍ハマリの連続とか。
特に、ちょいパチ翼で300ハマリは許さない。

理想的な展開が少ないのがパチンコ

特に今の規制時代は、
理想的な展開にするまでに苦労する。
朝一に確変を引き更に連チャン昼にはホクホク換金という
理想のコースは年に数回しか体験できない事だ。

実践のほとんどは、多くの投資がかかり
当たっても単発即落ちを繰り返して
なんだかんだで真剣に向き合うと、
帰るのが夕方になってしまうのがパチンコだ。

そして負けた日の帰りはなどの
負の連鎖のオマケ付きで、液晶からくる頭痛や
肩こり等、健康面での害も感じてくる。

1パチを打つ人々

最近は1パチを打つ人が増えてきた。
朝一から4円ではなく1円や5スロに走る人も少なくない。

皆、お金があれば4円を打つが、
多くの人が店の思惑通りに回収されているため
投資金額に限界が来ているのだ。

最近1パチに多いお年寄りも、
4円を打っては年金だけでは絶対に足りない。
仕方なく1パチで細々と遊ぶ選択しているのである。

いつも負けて店員に文句言ってるババア!
1円に落ちててワロタ。
スポンサーリンク

基本回らないのなら低貸が賢い選択

私はパチプロをしていた時代があるが
打っていた頃は、どこのホールでも
2.3台は日当2万円稼げる台が存在していた。
(当時は等価)

しかしながら、
規制が入ってからはスペック低下に加え
ボーダーを上回る釘が一切なくなった。
これでは勝負にならない。

回らない台は打つだけ損する
4パチはお金を捨ててるのと同じ

もちろん、絶対にパチンコで勝たなければならないのならば
他のホールを探すなりすれば発見出来るが
何店も移動をしてまで”本職”にするほど、
この業界には未来がない。
パチンコを生活の中心にする必要性はない。

特に今の(一番出ない)時代に無理をして打つのは自滅行為。

今の時代のパチンコは稼ぐよりも
”ストレス解消”として低貸しで回し、
激アツ演出も涼しく見送る姿勢が理想だろう。

1円に落す理由

1円に落す理由は、
当たりが収束するまで打つ事ができるから

普段の4円パチでは当たるまで打てないために
投資で終了してしまい(当たりが不足し)より多く負けてしまう。
(ストレスも多い)

1円で学べる事は以下の通り。
なかなか当たらない確率”と
なかなか連をしない確率の勉強ができる。

4円打つ資金を、1円で
4倍長く打ってみよう!

いつも手に汗握っている(当たらない)
激アツリーチが、やっぱりハズレる。

また、パチンコは
当たらない日単発しか引けない日が良くある。

「何を打ったら出す事ができるんだ!?」
「勝つビジョンが見えない!」
「今日は何てついてない日なのだろう?」
などど考えてしまう日があるはずだ。

しかしながら、このイライラや脱力感がパチンコのメインで
確変時の何十倍もハズレに時間を費やしている事が理解出来るだろう。
実践例
・仕事人 約500回転当たらず
・仮面ライダー(1/319)約100回転当たらず
・シンフォギア 約400回転当たらず
・ダイナマイトキング 15回転当たらず
・エヴァンゲリオン甘 約300回転 単発3回
・キューディーハニー 約300回転 単発8Rのみ
・ダンバイン甘 400回転 ラッシュ入るも2連落ち
回しても回しても当たらず、当たってもチョロ出玉と
仮に4円で打っていたらとんでもない金額になる。

4円で熱くなり
「当たるまで打ちたい!」
「甘でもいいから当たりたい!」
など、自暴自棄状態で回りもしない台や
甘を打ち散らかした経験はないだろうか?

4円は期待からの大負け
1パチは精神が崩壊しない

1円を打ってみて面白さはあるか?

1円を打ってみて楽しさはどうだろうか?
万が一出たとしても、勝ち額は1/4のため
嬉しさが半減するのではないだろうか?

激アツが外れても「どうでもいい」気楽さは出るものの
その分、万発出てもたいして喜べない事はないだろうか?

それでも楽しい!と感じてしまう方は
競馬の「馬が好き」と同様で、なかなか抜け出せないかもしれない。
反対に、物足りなさ見返りの割には疲れるなどの意識が出てくるならば
あなたは引退する素質があると言える。

いままで負けてきたのだから、
4パチを継続したら更に負けるのは確定している。
それならば1パチで負債を1/4にし、
稼ぐ事に関しては別の事で考えた方が未来に繋がるだろう。

負け組から賢者へ

一番重要な事は・・・
このまま1パチユーザーになるのではなく

1円で長く打つ事で
投資と出玉の関係を学び、
勝てない台がほとんど”という事を
身を持って知る事だ。

お金を捨てる行為はやめよう

パチンコをやめたいと思っている方の多くは
釘をあまり重視しないタイプで確実に負けている。

”出ない遠隔”を疑ってしまう場合があるが
今のスペック+回らない台では遠隔をする必要が無い。
放置しても勝手に客が負けてくれる。
(その中の薄い65%の連をした者だけが勝利)

負けるべくして台に座っているのが現状だ。
一撃一万発が厳しい時代に多くの投資は危険になる。

パチンコは、確実に勝てる台でなければ勝負を挑んではいけない。
勝てない台を打つのならば100%時間の無駄だ。
今は昭和ではない、パチンコよりも楽しい事は山ほどある!

パチンコの掲示板の殆どが
「激アツ外した」「86%の信頼度外した」などの
負けた報告や怒りや遠隔などの愚痴が大半だ。
(たまの勝ちは、次回の投資額になる)
客を負けさせようとしているホールにわざわざ飛び込む事は無い。

負け確定のレールを辿っては
あなたはパチンコ屋に潰されてしまうだろう。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする