規制前よりも投資額が増えている現実 持ち玉遊戯が出来ない不利を知ろう

パチンコをやめるには、
まず1パチに落す事が良いと前回述べた。

借金があるパチンカーは、100%負け組の為
まずは資金を1/4に抑えないと立て直す事はできない。

投資の規制はされていない事実

パチンコで恐ろしいのが、
小さな負けでも、一ヶ月~一年継続すると
膨大な負け額になっている事だ。

今や規制の連続で出玉は抑えられているが
投資額は(初当たり4ラウンド等で)以前よりも増えているのが現状だ。

!ホール側の都合の良い規制!

持ち玉で遊戯しにくい環境でありながら、
連チャン率が抑えられていれば、
取り返す機会も減り、おのずと負け額は増えてしまう事になる。

!規制前よりもユーザーの負け額が増えている事実!

この規制で多くの人間が足を洗ったが、
やめれない人間は、やめた人の分まで採取されると考えたほうが良い。

こんな時代になっても、釘を開けないのがその証拠だ。
儲ける事になれたホールは、お客さんを呼び戻すどころか
少ないお客からお金を集める事だけを考えている。

スポンサーリンク

負けている方の声

毎年30~40万程負けているが、
今年は既に9月で140万以上負けている。
現行機種がきついからって、望みがありそうな
ダンバインとシンフォギア打っているが、
実はこの機種だってキツいんだから勝てないよな。
友人に誘われ北斗剛掌を打ったのがパチンコにはまったきっかけ。
簡単に10連超えて凄まじい勢いで出玉が増えて中毒。
興奮で震えがとまらずその日は寝れなかった。
もし止められるなら当時の俺を止めたい。
大学からパチンコ初めて28歳で590万の借金がある。
当たりが引けない。確率上は
分母までに当たる確率63パーなのに。。

1日寝てもリセットされない

パチンカーは、1日単位で勝敗を考えてしまいがちだが
これが大きな危険性を秘めている。

大負けした夜は「二度と打たない」と誓いながら、
翌日には「今日は勝てるかも」と、新しい勝負を始めてしまう。

「勝つときは数千円しか浮かない」
「負けるときは万単位で失う」
なんて愚痴をこぼした事はあるだろう。

これを継続すればするほど、
少しの勝ちと大きい負けの差がどんどん開く事になる。

負けを忘れ借金は後回しでは、
確実に今後の自分を苦しめてしまう事になる。

勝って逆転は無理

パチンコは勝って気持ち良くなり
借金を返す事ができれば理想だが
そんな良い台は転がっていない。

宝くじは当たりが遠く、一生当たらない事の方が多いが、
競馬は土日パチンコは毎日とチャンスが多いと錯覚してしまう。

勝てない台ばかりが存在する時代

現在は、3連が確定する初代源さんや、
一度STに入れば82%で継続するガロなどは存在しない。

一度ホールに入ると冷静な判断はできなくなるが、
打つ前から”結局負ける法則”を頭に叩き込み
打っている時間も金も無駄だと気づかねばならない。

北斗の拳7転生

負けやすい事を理解するには
北斗の拳7のスペックを見るとわかりやすい。

大当たり確率:1/319.7
高確率:1/47.0
賞球数:4&1&2&3&15
カウント数:10カウント
ラウンド数:4ラウンドor16ラウンド
確変突入率:65%
時短回転数:7回転or100回転
出玉性能:約2200個(16ラウンド時)

【ヘソ入賞時ラウンド振り分け】※特図1
4ラウンド確変(電サポ次回):65%
4ラウンド通常(電サポ7回転):35%

【電チュー入賞時ラウンド振り分け】※特図2
16ラウンド確変(電サポ次回):65%
突然通常(電サポ100回転):35%

16ラウンドの出玉は2000発を越えるが、
これを得るには、まずは65%の壁を越え
そして更に65%を越えなければならない。
これは非常に厳しい戦いだ。

65%突破→65%突破→2000玉獲得

当然ながら初回通常を引いたら
4ラウンドの出玉で終わり時短は7回転と絶望的だ。

単発→4ラウンドの出玉
確変→突然通常→4ラウンドの出玉
2連チャンまでは4ラウンドの出玉しか獲得できない不利

連チャンの可能性分布図

パチンカーは都合よく確率を見ぬふりをするが
負けたくないならば解析をしっかりと確認する事が必要だ。

連数|可能性 |出玉
1連 |34.4% |504個(RUSH非突入)
2連 |16.8% |454個(即落ち終了)
3連 |12.5% |2,214個
4連 |9.3% |3,974個
5連 |6.9% |5,735個
6連 |5.1% |7,495個
7連 |3.8% |9,256個
8連 |2.8% |11,016個
9連 |2.1% |12,776個
10連|1.6% |14,537個
11連|1.2% |16,297個
12連|0.87% |18,058個
13連|0.65% |19,818個
14連|0.48% |21,578個
15連|0.36% |23,339個

2連まではほぼ出玉とは言えず、
トータルすると初当たりに得られる出玉は
実に52%の人間が4ラウンドの出玉で終わってしまうのだ。
1/319を引いたにも関わらずひどい仕打ちだ。

また、一つの区切りとなる5000発を得る確率は
初当たり15回に1回という狭き門で、
10連になると50回に1回という気が遠くなる数値になる。

!一万発得るまでの道のりが遠すぎる!

たった一撃一万発(4万円)の為に、
何十万も投資するのは勿体無いと感じ取る事が大切だ。

もちろん、これは潔いスペックでわかりやすい北斗7を例に挙げたが
他の機種もなかなか厳しい機種が多い。

メーカーは規制があるゆえに
以前のような戦える機種を出せないが、
負け組にとってこの規制は、引退する大チャンスになる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする