パチンコをやめた人の言葉を参考にしよう!禁煙する方が難しい事実

4号機の終了時、5号機末期(現在)には
多くの引退者が出た。

果たしてやめた人はどんな事を考えて
パチンコに別れを告げたのだろうか?

ここでは引退者の言葉から、いくつかの引退パターンに分け
自分に合ったやめ方が見つけられるようになっている。

引退までの状況別パターン

1.お金が無くなるからやめた
2.時間の無駄、人間関係の悪化
3.生活環境の変化
人間は誰しも同じ環境で生活していないため
引退までの道のりは個人差がある。

スポンサーリンク

1.お金が無くなるからやめた

お金がある段階はやめようと思う者は少ない。
稼ぎが多かったり、ある程度自分が使えるお金がある場合は
多くを負けても引退を考える事はない。

ただ、流石に長い間打っていると
周りの人間から遅れをとっているなど、
自分が時代に置いていかれていると悟ると
段々と引退の2文字が浮かび上がってくる。

勝ち負け繰り返してたけど
負けるときはこんなに大きく負けるんだな
と再確認して引退する事にした。
自分が年収3000万だと思い込むようにしてる。
正確にはもうすぐ3000万稼ぐと思い込んでるんだけど。
けど、そういう風に思ってると不思議と
パチンコ行く気も無くなってくるんだよね。
「3000万稼ぐ俺がやってる暇あるのかよ?
勝ってもショボ勝ちだぜ」って考えてる。
意識が変われば行動が変わる。
最近のパチンコは一獲千金の夢がないからな
客も時間の無駄だと悟る人は多いよね。
もう”マックスは無くなったんだよ”。
月5万円で過ごしたかったら、
生活費1日1000円で月3万円、雑費で月2万円って感じだもんな。
パチンコは1日で5万以上無くなるからな狂気。
嫁が妊娠して家にいない間、
これ見よがしにパチンコ行って3日で10万負け。
本気でやばいと思ってマイホ出禁にしてもらった。
住所、氏名、顔写真おいてきた。これが俺の覚悟だった。
ちなみに、店員が「当店は顔認証行ってるんで、
見つけたら声がけしますね!」と言っていた。
やっぱりあるのかよ・・・・

見返りが無くなった規制は、
実は我々にはありがたい事だった。

今度は業界側が苦しむ順番だ。

やめられない人の声

7万円やられました。。。
半日で食べる金もなくなり家賃も払えない。
仕事も探さなくてはならない。。
57歳の夏。
今年1パチオンリー11勝37敗マイナス101k。
1回辺り遊戯料2000円ぐらいか。
10万近く負けてるのにマシと思えるのも依存症。
パチンコでトータル幾ら負けただろう
数百万・・・後悔先に立たず。

勝っている人は収支表を書いているように
多く負けている人は、メモをとるようにした方が良いだろう。

これは単純にメモを取る行動で終わらない事が多く、
今まで避けていた事実を直視する事が出来るので、無謀な勝負にも躊躇する事になる。

また、単純に今までの負けを思い出し
あなたの今までの負け額を算出する事も必要だ。
ここには早見表があるので
あなたのパチンコ暦と照らし合わせて欲しい。
安いマンションを購入出来るだけの金額を捨てていた可能性がある。

パチンコ負け額早見表

1ヶ月5万円負けの場合
1年間60万円
2年間120万円
3年間180万円
5年間300万円
10年間600万円

1ヶ月7万円負けの場合
1年間84万円
2年間168万円
3年間252万円
5年間420万円
10年間840万円

1ヶ月10万円負けの場合
1年間120万円
2年間240万円
3年間360万円
5年間600万円
10年間1200万円

玉貸機やコインサンドに
入れるお金はチケット状態

パチンカーの金銭感覚は恐ろしい。

ホールでは、1000円札を紙切れのように投入するが
Suicaのチャージや買い物には1000円をケチる傾向がある。

勝利しても、無意識に”次回の種銭”を意識してしまう傾向があり、
10万円浮いた場合は”4万円は次回の資金”などの次に向けての準備をしてしまう。

また、パチンコが趣味になってしまうと
ファッションや他の趣味が目に入らなくなり

例えば、1万円を越えるシャツや靴を買う人間を否定的に見てしまう事がある。
実際はこちら側が何倍も破産しているにも関わらず、
自分の趣味(パチンコ)を正当化してしまうのだ。

2.時間の無駄
性格の変化
人間関係の悪化

多くの引退者が口にするのが
「時間がもったいない」「くだらない」
「出玉が減った」「打っていると疲れる」
などの言葉だ。

パチンコに通っていたら、周りをバカにしているのに
俺が一番クズになっていたよ。
挨拶も出来ない野郎になっていた。。
一日中イチパチやってもプラス千円。
もう疲れだけが残ってる、時間がもったいない。
ホントに周りでパチやってる人いなくなっちゃったよ
聞いてみるとメンドクサイっていう答えがけっこう返ってくる。
何も起こらない無抽選画面を見続けるだけの作業だもんな!めんどくさいわ
パチンコで勝ちまくってた人の40歳現在を何十人か見てきたけど、
介護士、コールセンターバイト、日雇い労働者、無職、
縁日の屋台手伝いとか冴えないね。
やっぱり時間を無駄にしたら駄目なんだな
気がついたら自分だけ結婚していなくて
凄く悲しくなったよ。20年前に忠告してくれたばあちゃんに謝りたい。

3.生活環境の変化

引退するには生活環境の変化が一番有効だ。

私がパチンコから距離を置くようになったのも
行く事が出来ない環境”に巡り合えたからだった。
普段ならば行っているはずか、強制的に行けないのだから
段々と新しい意識が生まれるキッカケになる。

この期間の過ごし方は本当に重要で
様々な世界を見て、今までの無駄に気がついて欲しい。

子供が春休みで自分の時間が取れない
息抜きに行きたくなるが半年行っていない。
打てない間はパチ動画みたらダメやで。
あんなんハマっているところカットだし
打って利益が出る野郎に俺たちが広告見たら負けや。
あいつらはいくら負けても保証される。
YouTube見て3ヶ月くらい嵌まってしまった。
見なくなってスゥーと熱が醒めて以降行ってない
パチ動画見るの要注意なっ!
パチンコはキモいもので、いかにして
無抽選で巻き上げようかとモニター前で考えている店長もキモいし、
勝ったら風俗、他人の負けをニマニマ喜んでるパチンカスもキモいんだよ。
いつの間にか性格が捻じ曲がる。
パチンコも酒も辞めた。
毎月家族で旅行に行くようになった。
なんか細やかな幸せを感じる。

パチンコを長い間趣味にしていると、
真面目に暮らしている人と差を広げられてしまう。

禁煙よりパチンコ引退が楽だった

幸いな事に、多くの方が
タバコをやめるよりもパチンコをやめるほうが簡単だと語る事だ。

俺たちはちょっとしたストレスでタバコを吸い逃げている。
これはパチンコも同じ、腹立ったら打つ。
そして当たらずタバコ。完全に底辺やないけ。
酒、パチンコは何とか大丈夫なんだが
タバコが難しい。1日10本くらいなんだが。
ダバコと同時に辞めましたが、禁煙の方がきつかった。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする