【三行広告】お金が欲しいので危ないバイトに潜入した話

学生時代や若い頃は、
遊びたいのにお金が無い時期だ。

!元気と時間はあるのに金は無い!

当然バイトもするが、
もっと欲が出てしまう事もある。

三行広告とは?

昭和時代には、俗に”三行広告”と言われる
一時的に稼げる!広告が話題になった事がある。

三行広告は女子には馴染みが薄いが
スポーツ紙の下部にある三行程度の怪しい広告である。

現代では新聞社の信用に関わる事から
怪しいバイト募集”は減ったが
今もなを続いている小さな広告群だ。

当時の危険な香り

当時は、様々な募集があった。

軍手をトラックから落す仕事
簡単アルバイト~日給1万円!
03-○○○-○○○○
男子のモデル☆ガッシリ歓迎
日給1~3万円可能
03-○○○-○○○○
新薬の実験モニター
一泊2万円可能
03-○○○-○○○○

このような怪しい広告が多かったのを覚えている。
男のモデルは=ホモビデオ出演だ。

ただ、怪しいからこそ稼げる訳で、
怪しさがソコソコならば挑戦する気でいた。

座っているだけで稼げる?!

どうしてもお金が欲しかった私が気になったのは以下の広告だ。

男子20~椅子に座っているだけ
お酒飲めなくてOK日給1~3万
03-○○○-○○○○

「椅子に座っているだけ?」
そんな事で稼げるなら・・・
と、当時20代の私は興味を抱いた。

当時は体を鍛え、自身の全盛期であったため
”何事にも挑戦する”怖いもの知らずだった。

電話をする

2~3日考えた結論は
とりあえず行ってみる!だった。

金が欲しい!デートもしたい!

電話をかけるとオッサンが出て、
某駅のマンションに案内された。

マンションに誘導

マンションを訪れると
禿げた50代のオッサンが迎えてくれた。

私「こんにちは!電話したとーるです!」

爺「おー待ってたよ。入って!」

室内は事務所風な作りで3部屋程あり、
20代の男子が3人程くつろいでいた。
(こいつらもバイトしてるのか!)

面接

社長と思われるそのオッサンは
私を社長室に招き入れた。
(早くも面接っぽい)

社長「ほう~君、No1になれるよ。
入口で見て分かった。」

私「????」

こちらは、なんのバイトなのか見当がつかない。

社長「君は男と寝た事はあるのか?」

私「えええっ!?ありません」

ホモかよ!!!

バイトの稼げるシステムとは?

ここから社長は
バイトのシステムを話してくれた。

基本的には歩合制で、
新宿の某所で、椅子に座り待機するらしい。

店で待機

ホモオッサンが来店

バイトの中から、可愛い男子をチョイス

持ち帰り!

が大雑把な流れだ。
持ち帰り可能のゲイバー?
!完全にホモのバイトだったw!

誰にも指名されない4000円
指名されると1万円
泊まりの場合は3万円
これがバイト料だそうだ。

泊まりって。。。
完全にチョメチョメされるじゃん。

お金持ちに気に入られると稼げる

社長「中にはチップが凄い人もいてさ、その利益が大きい。
そこにいる不細工な男子いるだろ?
あいつでも月100万稼いでいる。
君なら毎日売り切れるよ。」

私「・・・・」

社長「はじめは口だけど、
慣れたら肛門差し出したほうが楽チン!
寝てればいいからね!(キラッ☆」

私「・・・・」

社長「次は二次面接があるから来てね

と言われ、パンツを脱がされ、
チ○コをチョロッと触られて帰宅した。

二次面接の内容

この二次面接の内容とは、
その禿社長とチョメチョメする事で
社長のホモ趣味が、そのまま職業になっている形だ。
本人からしてみれば理想的だろう。

スポンサーリンク

断りの電話

さすがに稼げるといってもこれはキツイ。
我慢は出来るかもしれないが何より病気が怖いから絶対に無理だ。
お金欲しさで命を落したら意味がない。

一応、断るため社長に電話を入れた。

社長「ハイもしもし」

私「こんにちは先日バイトの面接で・・」

社長「おー君か!一緒に寝るのを楽しみにしているぞ♪」

私「その話ですが、、病気にはなりませんか?」

社長「それは飛行機と同じで絶対落ちないとは言えないのぅ」

私「・・・・・」

結果、真面目に飲食店のバイトをする事になった。

結論:普通に働こう!

やっぱりお金欲しくて不動産の怪しいバイトをした話

ねずみ講にハマった人は友達をなくす

スポンサーリンク

シェアする

フォローする