【NEXT】700MHzというチラシや訪問点検は安全なのか?【総務省】

「ポスト投入」と「訪問点検」が話題

自宅や会社のポストに、
大きく700MHzと書かれた緑色のチラシ
投函される事がある。

また、チラシだけではなく
業者が直接チャイムを鳴らし
「点検します」「無料です」と伝え
アンテナ点検に入ろうとする場合がある。

日頃から詐欺に慣れている我々は
安全なのか?詐欺なのか?判断に悩む事になる。

700Mhz対策の訪問の仕事は大変そうだな。
ただでさえ怪しまれるのに、いきなり来て
「アンテナチェックさせてくれ」って
どう考えても怪しいと思われる。
高齢者しか住んでいないお宅だとなおさらだろうね。
自分も疑った。
本日点検していただきました。
結果・・・がっつり影響受けてました。
700mhz 利用推進協会とかいう、超怪しい勧誘が実家に来る。
マイラインで2度騙されてる親父は点検を許さない姿勢を貫いている。

?はたしてこれは安全なのか?

今回は、安全の可能性が極めて高い。
※今後、真似た詐欺が出る可能性があるため注意は必要

一般社団法人700MHz利用推進協会とは?

まず、チラシに書かれている
”一般社団法人700MHz利用推進協会”
とは何者なのか?説明が必要だ。

700MHz利用推進協会とは、
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
沖縄セルラー電話株式会社
の4社が協力し、スムーズな通信サービスが
できるように設立した団体だ。

700MHzうんぬんの人が来た。
調べれば怪しくないのはわかるけど、
もう少しメディア広報がないと怪しい業者かと思われるよね。
怪しいなと思ったが、パンフは
携帯電話キャリアー各社の連盟のしっかりしたもの。
CMくらい打たないとみんな信用しないぞ。
スポンサーリンク

700MHzって何なの?

携帯電話はいくつかの周波数を利用しているが
その数が多いため、今回は地上デジタル放送
と同じ700MHz(メガヘルツ)帯を使う事になった。

700MHz帯携帯電話基地局周辺の家屋&ビル建物においては、
受信ブースターの動作不良による受信障害が出る可能性がある。
(同周波数内に混在すると、テレビにノイズなどの不具合が起こる可能性がある)

心配される障害例
・ブラックアウト
・画面のフリーズ
・ブロックノイズ(モザイク)

また、電波ではなくケーブルテレビを利用し
テレビを見ている方は、障害は起こらないので点検をする必要はない。

今後の詐欺に備えて

この点検作業や工事は、すべて
一般社団法人700MHz利用推進協会負担しているため、
点検費用や工事費用の請求は絶対にありません。

訪問する工事作業者は、
首から「テレビ受信障害対策員証」をかけ、
黄色い腕章を付けているのが特徴だ。

我が家にも訪問があったが、
言葉数は少なく、「点検」「無料」との事で
周波数の説明が不足している事から
疑ってしまう”方も多いと思われる。
私自身、半分疑いながら聞いていた。

疑問な点、お問い合わせの場合は?

不審に思われた場合は、「テレビ受信障害対策員証」の提示を求めたり
コールセンター(0120-700-012)へのお問い合わせをすると良いだろう。

700MHz受信障害対策コールセンター
(フリーダイヤル)0120-700-012
受付時間9~22時(無休)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする