【大つけ麺博】ラーメン日本一決定戦【第一陣】

新宿大久保公園にて
ラーメン日本一決定戦が行われている。
開催期間:2018/10/4~10/31
営業時間:11~21時
※10.17.24日は店舗入れ替えの為15時まで

今回も期間中4つのグループに分けられ、
9店舗x4=計36店舗が登場する、贅沢なお祭りになっている。

参加ラーメン屋一覧

第一陣

王者-23(徳島)
鬼そば藤谷(東京)
自家製中華そば 麺の虜 牛の虜(山梨)
だし廊ーDASHIROー(宮城)
中華蕎麦 時雨(神奈川)
ぶぶか(東京)
麺匠 たか松
麺屋 サマー太陽
蒙麺 火の豚

第二陣

尾道ラーメン「喰海」(広島)
頑者(埼玉)
寿製麺 中華そば よしかわ(埼玉)
特急鶏蕎麦 龍介(茨城)
どストライク軒(大阪)
本家 第一旭 たかばし本店(京都)
麺道 夢幻(長野)
麺家なると 黒部店(富山)
ラーメン工房 ふくや(大分)

第三陣

美味しい野菜を使ったみそらあめんのお店
すみれ津本店(三重)
信州鶏白湯 気むずかし家(長野)
新旬屋 本店(山形)
超純水採麺天国屋(東京)
つけ麺道 癒庵(山形)
手打焔(栃木)
麺屋桐龍(埼玉)
らーめん小僧(大阪)
らーめんstyle JUNK STORY(大阪)

第四陣

金澤濃厚中華そば 神仙(石川)
久留米ラーメン玄竜(福岡)
札幌つけ麺 風棶堂(北海道)
Japanese Ramen Noodle LabQ(北海道)
中華蕎麦 とみ田(千葉)
肉そば おとど(千葉)
博多純情ラーメンShin-Shin(福岡)
らぁめん登里勝(三重)
らぁ麺屋 飯田商店(神奈川)

開催場所:新宿大久保公園


開催場所は慣れない方には少し難しく、
最寄駅は西武新宿駅になる。
新宿駅から徒歩で向かうと20分程度必要になる。

西武新宿駅・・徒歩2分
新宿駅・・・・徒歩20分

今回も同じ形式

今回も、いつもと同じ作りになっていた。
公園の出入口に券売機(食券制)が並び、
中央の大きなテント内に飲食スペースがある。

※価格は850円均一、どの店舗でも使える

そして、テントの両脇には店舗が並んでいる。

スポンサーリンク

程よい混み具合と
ラーメンの列

ランチタイムこそ非常に混み合うが、
その他の時間帯は、座席や立ち食いスペースは簡単に利用出来る混み具合になる。

一番気になるのはラーメンの列だが
これには流れがあり、今回の場合は以下のような待ち時間だった。

第一陣待ち時間リスト
王者-23(徳島)売り切れ閉店
鬼そば藤谷(東京)5分
自家製中華そば 麺の虜 牛の虜(山梨)15分
だし廊ーDASHIROー(宮城)20分
中華蕎麦 時雨(神奈川)25分
ぶぶか(東京)10分
麺匠 たか松 5分
麺屋 サマー太陽 2分
蒙麺 火の豚 5分

火の豚は、二郎蒙古タンメンのいいとこ取りを主張していて、
ある程度、味が想像出来るからなのか?すぐに購入出来る状態だった。

隣のサマー太陽は、サービスが良く
蓮華(れんげ)にスープを一口だけサンプルとして配っていた。
飲んでみると”タンタンメン”のようなスープでココナッツが香る美味さだった。

今回は一律850円に戻る

前回こそ500円均一であったが、
今回は850円均一と、麺の量が増えたので
多くの方が一杯を食べて帰るため、
奇をてらったビジュアルのラーメンは避けられてしまうのかもしれない。

3軒食べてみた。

今回気になったのは以下の3店舗。

だし廊ーDASHIROー(宮城)
中華蕎麦 時雨(神奈川)
自家製中華そば 麺の虜 牛の虜(山梨)

だし廊ーDASHIROー

だし廊は、スタッフが大きな声を出し
非常に明るく接客しているのが良かった。

店長と思われる方の冗談や、それにウケるスタッフ、
思わず笑ってしまう新人と、店全体が良い雰囲気に包まれていた。

今までは太麺ブームだったが、
最近はストレート麺が増えた気がする。

今回のだし廊中細ストレートタイプ
時代の流れを感じた。

スープは動物性が少ないながらも
4種の貝の出汁が出ているので蓮華が止まらなくなる。


また、貝殻の中には貝ペーストが乗っていて
それをスープでほぐすと、更に旨味が出てくる。

貝系では、磯の臭みが残ると予想していたが
旨味だけ濃縮されていたので素晴らしい出来だった。

もう一杯食べたいところだが
次の店に並ぶ事にした。

中華蕎麦 時雨(神奈川)

丁寧に調理しているため、少々提供までに時間のかかる時雨。

ホロホロ鳥を使った唯一無二の味わいのスープは
あっさりでありながら、少々甘みが強くなっている。

ガッツリというよりも、
お蕎麦屋さんが始めたつけ麺のようなイメージだ。
麺は平打ちで、優しいスープに合うように
つけ麺としては細い部類。

大ぶりのチャーシューがデフォで
1枚ついているが、これもまた美味しい。

自家製中華そば麺の虜 牛の虜
濃厚和牛そば

ラーメン界では多くの方が挑戦しない牛骨
味を想像するには、焼肉屋のコムタンスープをイメージすると良いだろう。

はじめは、薄さを覚悟していたが、
実際に渡されたスープは見るからに濃厚で驚いた!

飲んでみると牛骨の濃縮感に驚く事だろう。
胃の疲れた方には不向きかもしれないが、
ガッツリ一杯重いラーメンを食べたい時に欲しいラーメンだ。

コムタンスープを濃厚にしたバージョン
と言えば伝わりやすいかもしれないが、
豚骨ラーメン以上のこってり感がたまらない。

また、麺は自家製麺で加水32%
独自配合つけ麺小麦使用の中細ザクザク麺で
これまたストレートタイプだ。
美味しくて箸が止まらない。。

焼肉屋はこれをベースに野菜を入れて提供すれば
行列店になりそうなくらい美味い。

帰りはコインを貰って人気投票

食券の半券は投票コインと引き換えができるが、
「何杯食べてもコインは1枚」と言われ手渡された。

しかしながら、全種類を食べたわけでもないのに、
評価するのは失礼では?思うのは私だけは無いはず。

※ラーメン通は投票をしない人も多いようだ。

次回は第二陣を報告する

スポンサーリンク

シェアする

フォローする