タバコがストレス解消にならない理由【禁煙する方法】

ストレス解消と考える人は既に脳が・・

「タバコはストレス解消に欠かせない」
「タバコやめたらストレスが溜まりそう」
未だに、このような考えを持つ方は多い。

喫煙者Aさん
タバコうまくて吸ってる。
ストレス解消というか安定剤みたいなイメージだった。
喫煙者Bさん
よく「タバコは百害あって一利無し!」って言われるけど
少なくとも【ストレス解消】にはなってるわ!
一利くらいはあるっての!
喫煙者Cさん
タバコ吸うと心が落ち着くから
寿命を犠牲にストレス解消する。

・起きたら吸わないといられない
・食後はソワソワしてしまう
一度ニコチンの毒牙にかかると、
嫌な事があればすぐに落ち着きがなくなり
タバコを欲してしまう状態になる。

しかしながら、
タバコ=ストレス解消という図式は
現代では覆されている。

精神安定の為に吸うイメージがあると禁煙は成功しない。

脳がストレス解消と勘違いしてしまう理由

ここでは専門用語を減らし、できるだけ
簡単に、タバコによる脳の反応を解説する。

元々、人間の体内にはニコチンは存在しない。

しかしながら、タバコを吸ってしまうと
普段は稼動していない脳の神経細胞(ニコチン受容体)が
敏感に反応するようになる。
小さな1本でも、ニコチンの量は桁違いだ。

一部の神経細胞が目覚めてしまう恐怖!

一回~数回吸っても、いきなりタバコを美味しいと思う方は少ないだろう。
それもそのはず、まだ細胞は目覚めたばかりだからだ。

はじめは遊び半分や、友達からの誘いであったものが
数回続けてしまうと、脳に変化が起こってくる。

スポンサーリンク

脳からのタバコ要求

今度は、眠っていたはずの神経細胞が
タバコを要求してくるようになる。

しかも、これは単なる要求では済まされない。
なんとこの悪魔は、他の神経系活動を低下させる能力を持っているのだ。

これにより喫煙者は集中力が低下し、
少しのストレスが重荷に感じてしまうようになる。

ここで理解できたと思うが、
タバコ自体がストレスを作り出していた事になる。

これに対してニコチンを補充してやれば楽になるが、
再度時間が経過すれば、血中濃度が低くなりイライラが始まる。

終わりのないタバコのループ状態

以上を理解していない方は
「酒もタバコやんない人って
何でストレス解消してるの?」
このような発想が生まれてしまう。

非喫煙者はそもそも脳が正常なのだ

さくらももこさんの本を買って読んでみたら
「健康だから強い煙草が吸える」とあり
「タバコはストレス解消に最高」ということを書かれているのだが
それはタバコ会社がでっち上げた嘘。
実際にはニコチン禁断症状のストレスを喫煙で和らげさせるだけ。
さくらももこさんも被害者。

タバコは老化するのが早い

タバコは美肌には非常に有害です。
タバコはお肌にとって好いことは1つもありません。
血管栄養行き届かず、毛細血管死亡。
白髪野郎は大抵ヤニカス、皮膚再生遅い、シワ多い老け顔。
「今日も元気だタバコが美味い」を広げた人は罪。

禁煙外来の効果に注目

一度ニコチン依存になると、抜け出すのは大変だ。
世には様々な依存症があるが、競馬やパチンコなどと比較すると
ニコチン依存は一番治りにくいと言われている。

禁煙を宣言して成功する確率は一割

ただ、今の時代は便利なというものがある。
このニコチン依存のメカニズムが解明された現代では
数日~週単位で、呼び起こしてしまった
ニコチン受容体を沈める効果がある。

心理的な依存は一生続くと言われるが
知人による報告では薬の効果は大きいらしく、
禁煙は3ヶ月継続しているそうだ。

一日に一箱、ひどい時は一箱半を吸うぐらいの
ヘビースモーカーだったのですが、、
それで禁煙外来行って青ざめたね。
呼気の中の二酸化炭素濃度だっけ、基準値の3倍以上でして。
これはやばい、死んじゃう死んじゃうって凄く思った。
ニコチンは、一週間で抜けるらしいですよ!
環境を変えるのは本当に大切だよ。
10年早く死ぬタバコはやばいっす。
ちなみにアイコスもニコチン量すごいそうだ。
普通に禁煙外来で飲み薬処方されたほうが良い。
副作用は強いけど吸いたいという依存は軽くなる。
逃げちゃダメだ。

禁煙外来は最後の砦と言っても過言ではない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする